iPhone ニュース

Apple、アリゾナ州のサファイア工場は、20億ドルをかけデータセンターへ

投稿日:2015年2月3日 更新日:

Apple、アリゾナ州のサファイア工場は、20億ドルをかけデータセンターへ

Appleは、アリゾナ州メサの、GTアドバンスト·テクノロジーズ(GTAT)に貸し出していた、サファイア工場の用途について計画案を発表しました。

1.3百万平方フィートの工場は、クラウド·ネットワークのグローバルコマンドセンターとして転用され、Appleは20億ドルを投資する見込みです。

Appleは、センターを管理するために、フルタイムの従業員150人を在籍させる計画を予定しています。

そして、施設に100%の再生可能エネルギーによる電力供給を可能とするため、近くにソーラーファームを建設することも計画しています。

Apple 広報による見解

Appleの広報担当Kristin Huguet氏は、電子メールで次のように回答しています。

” 「当社はアリゾナ州に新しくデータセンターを建設することで、米国内への投資を継続できることを誇らしく思っている。

そこは当社グローバルネットワークのコマンドセンターとして機能する。

この数十億ドル規模のプロジェクトは、当社がこれまで行ってきた中でも最大の投資の一つとなる。」 ”

GTAT、10月に破産申請

Appleとのサファイア提携が決裂した後、GTATは昨年10月に破産申請をしました。その後、12月に2社は同意に至りました。

『Apple、GT社と和解、サファイア製造工場は停止へ』

その取り決め内容の一部により、GTATは2015年末までに、メサの工場から出なければなりません。 そして、Appleは、2016年に施設を刷新することを計画しています。

Appleは、元々iPhoneとAppleWatchのスクリーンに使用するサファイアガラス製造のために、GTATに貸し出していましたが、GTATはその製造割り当てを満たすことに失敗し、経営難に陥りました。

GTATに関しては、Appleの優れたサプライチェーン戦略において、珍しく痛手を被る失策であったと言えます。

参照元:Cult of Mac

-iPhone ニュース
-

関連記事

iPhone7は、薄いケースになりフラッシュカメラの突起とアンテナバンドがなくなる?リーク画像から判明

画像元:appleinsider Appleのケースサプライヤー『Catcher Technology』がリークした情報によれば、次世代フラグシップiPhone(iPhone 7)のリアケースには、大 …

反射しにくい新技術サファイア、iPhone6sに採用なるか?

画像元MKBHD デメリットを改善した新技術サファイアが、近い将来、各社スマートフォンのディスプレイに採用される可能性が出てきたと『MacRumors』が伝えています。 iPhone6 / 6Plus …

Apple、2015年のiPhoneは4インチ モデルが登場か?流出したスケッチから判明される。

MacRumorsによると、Appleが2015年に発売する時期iPhoneには、4インチモデルが登場し、商品ラインナップが拡充されるのではないかと伝えています。 4インチという小型のフォームファクタ …

【噂】Apple、iPhone6c(4インチモデル)を含む3モデルを今年リリースする?

2GBのRAMと、AppleWatchに採用された『Force Touch』機能が搭載されると噂されているiPhone6s/6s Plusですが、今回、iPhone6sに関する新たな噂が伝えられました …

Apple、やはり2018年リリース予定のiPhone8に有機ELディスプレイ採用か?

『ジャパンディスプレイ』は、2018年リリース予定のiPhoneに有機ELディスプレイ(OLED)を供給するべくAppleと交渉していると『日刊工業新聞』は伝えています。 Appleの製品リリースサイ …

iPhone 11 Pro&ProMax 新機能・スペックまとめ
iPhone 11 新機能・スペックまとめ
iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入