iPhone ニュース

iPhoneにリキッドメタルのホームボタンが採用される日は近い?Appleが特許を取得

投稿日:

iPhoneにリキッドメタルのホームボタンが採用される日は近い?Appleが特許を取得

本日、Appleは、USPTO(米国特許商標庁)に、iOSデバイスのホームボタンで利用するためのリキッドメタルの特許を含む、40の特許を新たに申請しました。

リキッドメタルは、高い強度と耐腐食性、軽量で展性に富むといった数多くの特徴を持つ合金です。

Appleは、以前からリキッドメタルに高い関心を示している

Appleは、2010年以来、毎年リキッドメタルテクノロジー社とリキッドメタルを使用するための独占契約を更新しています。

この技術は、以前からiPhoneに付属されるSIMカード取り出し工具に採用されると噂されていました。

その他にも、リキッドメタルをiPhoneの筐体に使用するという噂が出ていたようですが、材料費が高くつくなどの理由から、すぐに実現することはないと考えられています。

今回の特許は、リキッドメタルのわずかに変形する高弾性が、感圧ホームボタンのための素材として理想的であることを示唆しています。

チタンやステンレス鋼のような素材であれば、不可逆的に変形する可能性があるため、ホームボタンに悪影響を及ぼすことになりますが、リキッドメタルであれば弾力性を保持することが可能です。

今回、特許申請された設計は、基板上に配置されたドームスイッチを使用する従来のホームボタンに比べて製造が容易になると伝えられています。

iPhone SE、iPhone 7への採用は難しい

今年、リリース予定のiPhone SE、iPhone 7、および9.7インチのiPad Proを含む次世代Apple製品には、リキッドメタルが採用されることはないでしょう。

しかしながら、Appleの継続的なリキッドメタルの契約更新や今回の特許取得は、将来のApple製品に使用される可能性を示すものです。

Appleは、これまでにもリリース前の製品に関する特許を事前に取得しています。

そのため、将来のiPhoneにリキッドメタル製のホームボタンが搭載される日も近いと考えられます。

参照元:macrumors

-iPhone ニュース
-

関連記事

「iPhone X」用の保護フィルムでFace ID認証できなくなる?

10月27日16時01分より、予約受付が開始された新型のiPhone『iPhone X(アイフォーンテン)』について、MACお宝鑑定団[羅針盤]にて、ディスプレイ保護フィルムの取り扱いについて注意点が …

Apple、iPhoneによりスマートフォン市場の営業利益92%を占める結果に

AppleのiPhoneは、スマートフォン市場全体でわずか20%のシェアですが、投資銀行『Canaccord Genuity』のリサーチによると第1四半期中におけるスマートフォン市場の総営業利益の92 …

iPhone7に搭載されるバッテリー容量は7.04Wh。リーク画像で判明

次世代iPhone7に搭載されるとみられるバッテリーのリーク写真が中国のサイト『Digi.tech.qq.com』によって公開されました。 リーク写真から確認できるバッテリー容量は7.04Whです。 …

iPhoneXに搭載される「Super Retina ディスプレイ」が凄い!

参照元:Apple これまでのiPhoneシリーズには『Retinaディスプレイ』と呼ばれるLEDバックライト型のワイドスクリーンMulti‑Touch液晶ディスプレイが採用されていました。 液晶はそ …

iPhone8のコンセプトデザインが公開される

発売まで約2ヶ月と予想されるiPhone 6sですが、動画では既に2018年に発売されるであろうiPhone8のコンセプトデザインが公開されています。 iPhone8のコンセプト動画は、グラフィックデ …

iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich