iPhone ニュース

Intelligent Energy、iPhone用水素燃料電池を開発!充電なしで1週間の駆動を可能に

投稿日:

Intelligent Energy、iPhone用水素燃料電池を開発!充電なしで1週間の駆動を可能に

英国誌『The Telegraph』によると、英国の電力技術会社『Intelligent Energy』は、充電なしで最大1週間の利用を可能とする水素燃料電池内臓のプロトタイプiPhoneを開発したと伝えています。

『Intelligent Energy』が特許を取得した燃料電池システムは、水素と酸素を化合し、科学反応させることで電気を生成する技術です。廃棄物は、水蒸気と少量の熱しか出さないというクリーンなエネルギーです。

同社は、UPPと呼ばれるモバイル用水素燃料電池を発売していますが、その燃料電池をiPhone6のサイズや形を変えることなく、既存のバッテリーパックと共に内蔵することを可能にしています。

燃料電池内蔵のプロトタイプiPhoneにおいて、水素ガスは、ヘッドフォンソケット経由で供給されるようです。

通常のiPhone6と比較して表面上の唯一の違いは、微細な水蒸気を逃がすための本体背面に空けられた穴だけです。

『Intelligent Energy』は、Appleと密接な協力関係にあるとみられていますが、同社の最高責任者 Henri Winand氏は、Appleと共同開発を行っているという噂についてコメントを拒否しました。

市販化が待たれる水素燃料電池

『Intelligent Energy』は、現在、カートリッジの販売価格について検討していると述べています。

同社幹部は、この技術により、年間3,000億ポンド(約56兆円)の市場価値があると試算しています。

同社は、市販化を視野に入れ、に水素燃料電池技術を用いたスマートフォン向け使い捨てカートリッジを開発している模様です。

水素燃料電池が商品化されれば、近い将来、スマートフォンの充電で悩むことがなくなるかもしれません。

参照元: The Telegraph

-iPhone ニュース
-

関連記事

Apple、TSMC製、Samsung製、両社のA9チップの性能差はわずか2~3%程度であると説明

先日、iPhone6s / 6s Plusに搭載されている2つのA9チップ(TSMC製とSamsung製)の性能差を測定するバッテリーテストの結果が公開され、両者のパフォーマンスが異なることが明らかに …

iPhone6 / 6 Plus SIMフリー版、未だ販売中止状態

現在、日本国内におけるアップルストアでのiPhone 6 / Plus SIMフリーモデルの販売が中止されている状態です。 Appleからは、未だに公式な説明が無いため、販売中止の原因や販売再開の目処 …

iPhoneにリキッドメタルのホームボタンが採用される日は近い?Appleが特許を取得

本日、Appleは、USPTO(米国特許商標庁)に、iOSデバイスのホームボタンで利用するためのリキッドメタルの特許を含む、40の特許を新たに申請しました。 リキッドメタルは、高い強度と耐腐食性、軽量 …

iPhone7シリーズのストレージ展開に新説浮上?

つい先日、iPhone 7シリーズのストレージについて「iPhone 7のラインナップから16GBモデルが消える?」という記事を掲載しましたが、どうやらiPhone 7の方が16/64/128GBとな …

iPhone 6 サファイアガラス採用スクリーンは、64GBモデルのみになるとアナリストが指摘

iPhone 6の新機能として大いに期待されるサファイアガラススクリーンは、64GBモデルにのみ採用される可能性があると、『Piper Jaffray』のアナリストGene Munster氏が、投資家 …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich