iPhone ニュース

Intelligent Energy、iPhone用水素燃料電池を開発!充電なしで1週間の駆動を可能に

投稿日:

Intelligent Energy、iPhone用水素燃料電池を開発!充電なしで1週間の駆動を可能に

英国誌『The Telegraph』によると、英国の電力技術会社『Intelligent Energy』は、充電なしで最大1週間の利用を可能とする水素燃料電池内臓のプロトタイプiPhoneを開発したと伝えています。

『Intelligent Energy』が特許を取得した燃料電池システムは、水素と酸素を化合し、科学反応させることで電気を生成する技術です。廃棄物は、水蒸気と少量の熱しか出さないというクリーンなエネルギーです。

同社は、UPPと呼ばれるモバイル用水素燃料電池を発売していますが、その燃料電池をiPhone6のサイズや形を変えることなく、既存のバッテリーパックと共に内蔵することを可能にしています。

燃料電池内蔵のプロトタイプiPhoneにおいて、水素ガスは、ヘッドフォンソケット経由で供給されるようです。

通常のiPhone6と比較して表面上の唯一の違いは、微細な水蒸気を逃がすための本体背面に空けられた穴だけです。

『Intelligent Energy』は、Appleと密接な協力関係にあるとみられていますが、同社の最高責任者 Henri Winand氏は、Appleと共同開発を行っているという噂についてコメントを拒否しました。

市販化が待たれる水素燃料電池

『Intelligent Energy』は、現在、カートリッジの販売価格について検討していると述べています。

同社幹部は、この技術により、年間3,000億ポンド(約56兆円)の市場価値があると試算しています。

同社は、市販化を視野に入れ、に水素燃料電池技術を用いたスマートフォン向け使い捨てカートリッジを開発している模様です。

水素燃料電池が商品化されれば、近い将来、スマートフォンの充電で悩むことがなくなるかもしれません。

参照元: The Telegraph

-iPhone ニュース
-

関連記事

純金・プラチナ仕様の「iPhone 6」予約受付開始!

LUX IPHONE 6 未だ発売日や仕様も発表されておらず、名称すら未定な次期iPhoneですが、予約受付開始との情報が入ってきました。 iPhoneのカスタマイズやケースなどのアクセサリーを制作し …

iPhone6ユーザー、『ApplePay』の使用率は6%

市場調査会社InfoScoutは、『PYMNTS.com Mobile Innovation Project 2015』において、AppleのNFC機能を利用したモバイル決済システム『ApplePay …

ファンがiPhone XSではなくiPhone XRを選ぶ3つのポイント

いよいよ10月26日(金)より新型iPhone3機種目である『iPhone XR』の販売がスタートしますね。既に予約済みでワクワクと待ち遠しい1週間をお過ごしの方も少なくないでしょう! このiPhon …

iPhone6sのディスプレイ分解により、3D Touchセンサーの全貌が明らかに

修理会社『iFixit』は、ディスプレイ本体からRetina HDディスプレイ・アセンブリ層を分解し、バックライトとフロントガラスデジタイザを分離させ、3D Touchセンサーの分析内容を公開していま …

次世代iPhoneは、8月に生産開始か? アナリストによるiPhone6s 11の予測

Appleの製品計画予想に関して多くの実績を持つ、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、次世代iPhone(仮称:iPhone6s)に対する11の予測を行っています。 Kuo氏は、次世代 …

iPhone 11 Pro&ProMax 新機能・スペックまとめ
iPhone 11 新機能・スペックまとめ
iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入