iPhone ニュース

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサーを搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

投稿日:

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサー搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

『MacRumours』は、カナダのChipworks社が実施した分解実験によると、iPhone6 /6 Plusは、2つの加速度センサーを搭載することを選んだと伝えています。

Chipworks社の分解実験によると、搭載されている加速度センサーは、Bosch社製の3軸加速度センサー「BMA280」と、InvenSense社製の6軸加速度センサー「MPU-6500」であると考えられています。

Chipworks社によると、Appleは「全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させる。」ことを目的とし、iPhone6 / 6 Plusの電力消費を最小化するために、2つの加速度センサーを組み込むことを決めた可能性があると伝えています。

InvenSense社製の加速度センサーは、複数の異なるモードで直感的な動作を実現することができ、様々な機能を持っていますが、その高い感度により、Bosch社製の加速度センサーよりも多くの電力を消費するようです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096 LSB/ gよりもはるかに高い16684 LSB/ gです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096よりもはるかに高い16684 LSB/ g

一方、Bosch社の加速度センサーは、InvenSense社のものより起動までの時間が早く、より少ないバッテリー消費で動作することが可能です。

iPhone 6 / 6 Plusは、6軸が不要なケースでは、3軸の加速度センサーを使用することで省電力を実現していると推測できます。

つまり、InvenSense社の加速度センサーだけで十分有効であるにも関わらず、Bosch社の3軸加速度センサーを併用することで、適切な状況下での低消費電力化が可能となるようです。

以上の点について、Chipworks社は、Apple社の「エレガントな製品開発」を示す一例であると結論づけています。

参照元:MacRumours

-iPhone ニュース
-,

関連記事

Apple、液体などからiPhoneの開口部を保護するためのアクティブシャッターを開発

画像元:uspto 米国特許商標庁が公表したAppleの特許資料「Electronic devices with housing port shutters」には、iPhoneのスピーカーボックスやマ …

Apple、ホームボタンのないiPhoneの開発を計画中か?

画像元:martinhajek Appleは、ホームボタンのない急進的なデザインのiPhoneを再設計すべく取り組んでいると伝えられています。 しかし、『Appleinsider』は、iPhoneのデ …

Samsung、iPhone 6sとの直接対決を回避し、Galaxy Note 5を8月中旬に発表か?

『The Wall Street Journal』によれば、Samsungは、9月に開催予定のApple基調講演との競合を避けるために、一ヵ月前倒しとなる8月中旬にGalaxy Note 5を発表する …

Apple CEO Tim Cook、iPhone6 / 6Plusの需要が供給量をはるかに凌ぐと証言

Appleは、2014年度第4四半期(2014年7~9月期)の業績を発表しました。 AppleのCEO、Tim Cook氏は、iPhone6 / 6Plusの需給間のバランスに関してコメントしています …

iOSの開発コードに「ForceTouch」を示唆する記述を確認。iPhone6sへの搭載は確実か?

iOSの開発コード内で発見された記述から、Appleの次世代iPhoneには感圧タッチ技術「ForceTouch」のテストを実装していることが明らかになりました。 以前から、Appleのソースコード内 …

iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich