iPhone ニュース

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサーを搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

投稿日:

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサー搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

『MacRumours』は、カナダのChipworks社が実施した分解実験によると、iPhone6 /6 Plusは、2つの加速度センサーを搭載することを選んだと伝えています。

Chipworks社の分解実験によると、搭載されている加速度センサーは、Bosch社製の3軸加速度センサー「BMA280」と、InvenSense社製の6軸加速度センサー「MPU-6500」であると考えられています。

Chipworks社によると、Appleは「全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させる。」ことを目的とし、iPhone6 / 6 Plusの電力消費を最小化するために、2つの加速度センサーを組み込むことを決めた可能性があると伝えています。

InvenSense社製の加速度センサーは、複数の異なるモードで直感的な動作を実現することができ、様々な機能を持っていますが、その高い感度により、Bosch社製の加速度センサーよりも多くの電力を消費するようです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096 LSB/ gよりもはるかに高い16684 LSB/ gです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096よりもはるかに高い16684 LSB/ g

一方、Bosch社の加速度センサーは、InvenSense社のものより起動までの時間が早く、より少ないバッテリー消費で動作することが可能です。

iPhone 6 / 6 Plusは、6軸が不要なケースでは、3軸の加速度センサーを使用することで省電力を実現していると推測できます。

つまり、InvenSense社の加速度センサーだけで十分有効であるにも関わらず、Bosch社の3軸加速度センサーを併用することで、適切な状況下での低消費電力化が可能となるようです。

以上の点について、Chipworks社は、Apple社の「エレガントな製品開発」を示す一例であると結論づけています。

参照元:MacRumours

-iPhone ニュース
-,

関連記事

no image

「iPhone 6」発売目前か?お盆返上で国内液晶・電子部品メーカーが増産体制!

今年9月に発売されると言われている新型iPhoneの液晶パネルや半導体を生産する、電子部品メーカーがお盆休みを返上して増産態勢に入ったようです。 以前にも、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が …

Apple、少なくとも5種類の異なるiPhone7を試作中か?

2016年にリリース予定の次世代iPhoneは、現行モデルのiPhone6sに比べてより多くの機能が追加されることが予想されます。 いわゆる「S」シリーズは、前年度iPhoneのアップグレードモデルと …

Apple渋谷店がリニューアルオープン

2017年11月にリニューアルの為に一時閉店した「Apple渋谷」が、10月26日に公園通りビルにリニューアルオープンするのを受け、内覧会に参加した様子が『MACお宝鑑定団』に掲載されています。 およ …

Appleスペシャルイベントのライブ配信を観る前に準備すること

参照元:Apple EVENTS 遂に本日!現地時間2017年9月12日午前10時(日本時間9月13日午前2時)にAppleが開催するスペシャルイベントがライブ配信されます。 2017年度のライブ配信 …

Apple、2015年第2四半期決算 – アナリストによる予想

KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleは、第2四半期(2015年1月〜3月)にiPhoneを5,820万台、iPadを1,010万台、Macを450万台出荷したと報告しています …

iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich