iPhone予約購入ガイド【最新情報】

最新iPhoneの発売日や予約状況、最新機能から特徴などiPhoneに関する最新ニュースを発信中!

iPhone ニュース

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサーを搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

投稿日:

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサー搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

『MacRumours』は、カナダのChipworks社が実施した分解実験によると、iPhone6 /6 Plusは、2つの加速度センサーを搭載することを選んだと伝えています。

Chipworks社の分解実験によると、搭載されている加速度センサーは、Bosch社製の3軸加速度センサー「BMA280」と、InvenSense社製の6軸加速度センサー「MPU-6500」であると考えられています。

Chipworks社によると、Appleは「全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させる。」ことを目的とし、iPhone6 / 6 Plusの電力消費を最小化するために、2つの加速度センサーを組み込むことを決めた可能性があると伝えています。

InvenSense社製の加速度センサーは、複数の異なるモードで直感的な動作を実現することができ、様々な機能を持っていますが、その高い感度により、Bosch社製の加速度センサーよりも多くの電力を消費するようです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096 LSB/ gよりもはるかに高い16684 LSB/ gです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096よりもはるかに高い16684 LSB/ g

一方、Bosch社の加速度センサーは、InvenSense社のものより起動までの時間が早く、より少ないバッテリー消費で動作することが可能です。

iPhone 6 / 6 Plusは、6軸が不要なケースでは、3軸の加速度センサーを使用することで省電力を実現していると推測できます。

つまり、InvenSense社の加速度センサーだけで十分有効であるにも関わらず、Bosch社の3軸加速度センサーを併用することで、適切な状況下での低消費電力化が可能となるようです。

以上の点について、Chipworks社は、Apple社の「エレガントな製品開発」を示す一例であると結論づけています。

参照元:MacRumours

-iPhone ニュース
-,

関連記事

iPhone6sは、強化され軽量化された肉厚シェルを採用か!? 検証動画が公開される

昨年、iPhone 6 / 6 Plusのリリース直後に、一部のユーザーからiPhone 6 Plusを長時間ポケットに入れたことで本体が曲がるという報告がされたことで、シェルの強度に関する問題が発覚 …

no image

スマホ買い替え予定の約半数が「iPhone6を買う」と回答

今秋のリリースを前に、iPhone6への期待がかなり高まっていることが、調査から明らかになりました。 投資銀行RBC Capital Marketsがアメリカにおいて4,000人を対象に実施した調査に …

iPhone6とiWatchのレンダリング画像が公開される

デザイナーのMartin Hajek氏が、Appleの新製品のiPhone6とiWatchのレンダリング画像を新たに公開しました。 Martin Hajek氏は今年1月にも、「iWatch S」「iW …

【噂】iPhone6c生産のためにFoxconnが労働力を強化している?iPhone6cは11月に発売される可能性も?

画像元:daliulian 来月に発売が予想されるAppleの次世代iPhoneは、4.7インチモデルのiPhone6s、5.5インチモデルのiPhone6s Plusの2モデルとなり、復活が噂された …

4インチiPhone『iPhone SE』の噂まとめ

画像元:wikimedia Appleは、今月21日の週に開催する発表イベントにおいて、4インチiPhoneをデビューさせる計画であると予想されています。 Appleの発表イベントは、カリフォルニア州 …

iPhone 11 新機能・スペックまとめ
iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入