iPhone ニュース

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサーを搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

投稿日:

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサー搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

『MacRumours』は、カナダのChipworks社が実施した分解実験によると、iPhone6 /6 Plusは、2つの加速度センサーを搭載することを選んだと伝えています。

Chipworks社の分解実験によると、搭載されている加速度センサーは、Bosch社製の3軸加速度センサー「BMA280」と、InvenSense社製の6軸加速度センサー「MPU-6500」であると考えられています。

Chipworks社によると、Appleは「全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させる。」ことを目的とし、iPhone6 / 6 Plusの電力消費を最小化するために、2つの加速度センサーを組み込むことを決めた可能性があると伝えています。

InvenSense社製の加速度センサーは、複数の異なるモードで直感的な動作を実現することができ、様々な機能を持っていますが、その高い感度により、Bosch社製の加速度センサーよりも多くの電力を消費するようです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096 LSB/ gよりもはるかに高い16684 LSB/ gです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096よりもはるかに高い16684 LSB/ g

一方、Bosch社の加速度センサーは、InvenSense社のものより起動までの時間が早く、より少ないバッテリー消費で動作することが可能です。

iPhone 6 / 6 Plusは、6軸が不要なケースでは、3軸の加速度センサーを使用することで省電力を実現していると推測できます。

つまり、InvenSense社の加速度センサーだけで十分有効であるにも関わらず、Bosch社の3軸加速度センサーを併用することで、適切な状況下での低消費電力化が可能となるようです。

以上の点について、Chipworks社は、Apple社の「エレガントな製品開発」を示す一例であると結論づけています。

参照元:MacRumours

-iPhone ニュース
-,

関連記事

Apple、少なくとも5種類の異なるiPhone7を試作中か?

2016年にリリース予定の次世代iPhoneは、現行モデルのiPhone6sに比べてより多くの機能が追加されることが予想されます。 いわゆる「S」シリーズは、前年度iPhoneのアップグレードモデルと …

「Face ID」を搭載したiPhoneXでAppleは2年半先を行く!

参照元:Apple EVENTS ホームボタンが廃止され、顔認識でロック解除をする「Face ID」を新たに搭載し、Apple初となる5.8インチのフルディスプレイを採用した『iPhone X』 Ap …

AppleがiOS10.2をリリース!

画像元:オリジナル Apple社は12月12日に新しい『iOS.10』をリリースしました。主な内容は下記の通りです。 【追加された絵文字】 ・新しい顔、食べ物、動物、スポーツ、職業を含んだ100個以上 …

A9チップの供給元はSamsungとTSMC。Samsung製A9チップはTSMCに比べて10%小さいことが判明

AppleのA9チップを開発しているのはSamsungとTSMCであるという噂は、iPhone6s / 6sの発表以前から囁かれていました。 また、両社は、異なる技術(Samsungは14nmFinF …

iPhone8とiPhone7の耐水性能は信頼できる?

参照元:Apple 現在、好評販売中の『iPhone 8(アイフォーンエイト)』および、昨年発売された『iPhone 7(アイフォーンセブン)』は防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、条件下でのテ …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich