iPhone ニュース

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサーを搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

投稿日:

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサー搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

『MacRumours』は、カナダのChipworks社が実施した分解実験によると、iPhone6 /6 Plusは、2つの加速度センサーを搭載することを選んだと伝えています。

Chipworks社の分解実験によると、搭載されている加速度センサーは、Bosch社製の3軸加速度センサー「BMA280」と、InvenSense社製の6軸加速度センサー「MPU-6500」であると考えられています。

Chipworks社によると、Appleは「全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させる。」ことを目的とし、iPhone6 / 6 Plusの電力消費を最小化するために、2つの加速度センサーを組み込むことを決めた可能性があると伝えています。

InvenSense社製の加速度センサーは、複数の異なるモードで直感的な動作を実現することができ、様々な機能を持っていますが、その高い感度により、Bosch社製の加速度センサーよりも多くの電力を消費するようです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096 LSB/ gよりもはるかに高い16684 LSB/ gです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096よりもはるかに高い16684 LSB/ g

一方、Bosch社の加速度センサーは、InvenSense社のものより起動までの時間が早く、より少ないバッテリー消費で動作することが可能です。

iPhone 6 / 6 Plusは、6軸が不要なケースでは、3軸の加速度センサーを使用することで省電力を実現していると推測できます。

つまり、InvenSense社の加速度センサーだけで十分有効であるにも関わらず、Bosch社の3軸加速度センサーを併用することで、適切な状況下での低消費電力化が可能となるようです。

以上の点について、Chipworks社は、Apple社の「エレガントな製品開発」を示す一例であると結論づけています。

参照元:MacRumours

-iPhone ニュース
-,

関連記事

『iPhone 6』新たにフロントパネル、電源ボタン、ミュートボタン、SIMトレイなどの写真が流出!

以前に背面パネルの写真をリークしたモスクワのFeld & Volkにより、新たなiPhone 6(4.7インチモデル)のリーク写真がアップされたことを『MacRumors』が伝えています。 …

【噂】iPhone 6sは、デュアルレンズカメラ、Force Touch(フォースタッチ)を搭載か?

Appleは、次期iPhone(iPhone 6s)に、光学ズームが可能なデュアルレンズカメラと、タッチインターフェースにおいてタッチの圧力を感知可能とする技術であるForce Touch(フォースタ …

iPhone XRの予約開始間近!6色展開のXR人気カラーランキング!

iPhone XS/iPhone XS Maxの2機種が9月に発売され、いよいよ10月19日(金)16時より待望の新型iPhone3機種目である『iPhone XR』の予約がスタートします! iPho …

iPhone6とiWatchのレンダリング画像が公開される

デザイナーのMartin Hajek氏が、Appleの新製品のiPhone6とiWatchのレンダリング画像を新たに公開しました。 Martin Hajek氏は今年1月にも、「iWatch S」「iW …

Apple WWDC 2015に関する予想まとめ

来週開催予定のWWDC(ワールドワイド デベロッパーズ カンファレンス)について分かっている予想をまとめてみました。 WWDC2015では、iOS9や新世代AppleTVが発表されるだろうと噂されてい …

iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich