iPhone ニュース

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサーを搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

投稿日:

iPhone6/6 Plusは2つの加速度センサー搭載することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を実現

『MacRumours』は、カナダのChipworks社が実施した分解実験によると、iPhone6 /6 Plusは、2つの加速度センサーを搭載することを選んだと伝えています。

Chipworks社の分解実験によると、搭載されている加速度センサーは、Bosch社製の3軸加速度センサー「BMA280」と、InvenSense社製の6軸加速度センサー「MPU-6500」であると考えられています。

Chipworks社によると、Appleは「全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させる。」ことを目的とし、iPhone6 / 6 Plusの電力消費を最小化するために、2つの加速度センサーを組み込むことを決めた可能性があると伝えています。

InvenSense社製の加速度センサーは、複数の異なるモードで直感的な動作を実現することができ、様々な機能を持っていますが、その高い感度により、Bosch社製の加速度センサーよりも多くの電力を消費するようです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096 LSB/ gよりもはるかに高い16684 LSB/ gです。

InvenSense社の最大感度は、Bosch社の4096よりもはるかに高い16684 LSB/ g

一方、Bosch社の加速度センサーは、InvenSense社のものより起動までの時間が早く、より少ないバッテリー消費で動作することが可能です。

iPhone 6 / 6 Plusは、6軸が不要なケースでは、3軸の加速度センサーを使用することで省電力を実現していると推測できます。

つまり、InvenSense社の加速度センサーだけで十分有効であるにも関わらず、Bosch社の3軸加速度センサーを併用することで、適切な状況下での低消費電力化が可能となるようです。

以上の点について、Chipworks社は、Apple社の「エレガントな製品開発」を示す一例であると結論づけています。

参照元:MacRumours

-iPhone ニュース
-,

関連記事

スマホ依存症が改善?我慢すると木が育つアプリが人気

生活の中において、なくてはならないツールになったスマホ。仕事中、勉強中、食事中でもついついスマホが気になって触ってしまう『スマホ依存症』が社会問題になりつつあります。 TVのバラエティ番組やニュース番 …

iPhoneにリキッドメタルのホームボタンが採用される日は近い?Appleが特許を取得

本日、Appleは、USPTO(米国特許商標庁)に、iOSデバイスのホームボタンで利用するためのリキッドメタルの特許を含む、40の特許を新たに申請しました。 リキッドメタルは、高い強度と耐腐食性、軽量 …

ユーザー待望のバッテリー容量UPをiphone7で実現か?

画像元:オリジナル これまでリリースされてきたiPhoneシリーズの残念ポイントといえば、バッテリーが長持ちしない点も論議されてきました。 スマホで音楽を聴いたり動画を見ることが増えたり、バックグラウ …

iPhone6 供給が改善される。需要は引き続き堅調に推移。

Piper Jaffrayのアナリスト、Gene Munsterによって行われた調査によれば、iPhone6 / 6 Plusは供給が改善されたことも後押しされ、需要も大幅な成長を遂げていると示されて …

Apple WWDC 2015に関する予想まとめ

来週開催予定のWWDC(ワールドワイド デベロッパーズ カンファレンス)について分かっている予想をまとめてみました。 WWDC2015では、iOS9や新世代AppleTVが発表されるだろうと噂されてい …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich