iPhone ニュース

iPhone 6 サファイアガラス採用スクリーンは、64GBモデルのみになるとアナリストが指摘

投稿日:2014年9月4日 更新日:

iPhone 6 サファイアガラス採用スクリーンは、64GBモデルのみになるとアナリストが指摘

iPhone 6の新機能として大いに期待されるサファイアガラススクリーンは、64GBモデルにのみ採用される可能性があると、『Piper Jaffray』のアナリストGene Munster氏が、投資家向けのリポートで指摘しています。

以前から、次世代iPhoneのフロントスクリーンには、初代iPhoneより採用されていた化学強化ガラス「ゴリラガラス」から、より傷がつきにくいサファイアガラスに変更されるのではないかと言われていました。

しかし、サファイアガラスを安定的に生産し、ディスプレイ用に正確な形状で切断するのは、コストの掛かる工程であるため、その点が大量生産を阻むネックとなっているようです。

同氏の見解では、Appleは、まず次期iPhone6の64GBモデルにのみサファイアガラスを採用することで市場テストを行い、消費者の意見を確認しフィードバックすることで、2年以内には同社製品全体をサファイアガラスに移行するのではと述べています。

さらに、氏は『iPhone 5s』の発売時に行った調査結果から、サファイアガラスが採用される64Gバイトモデルは、端末台数の30%を占める可能性があり、購入者の25%が64GBを選択するものと示唆しています。

また、Munster氏は、9月9日に開催される発表イベントにおいて、Appleは、iPhone 6 4.7インチ、5.5インチモデルを同時に発表し、それらには近距離無線通信(NFC)が搭載されると考えているようです。

そして、Appleはモバイル決済システムに関するなんらかの発表を70%の確率で行うと予測しており、『iWatch』に関する発表を行うかどうかについては半々であると述べています。

Munster氏の2年以内という予測が正しいのであれば、全モデルにサファイアガラスが搭載されるのは、単純に考えて来年の『iPhone 6s』、『iPhone 6c』、もしくは、再来年の『iPhone 7』になるのでしょうか?

参照元:CNET

-iPhone ニュース
-,

関連記事

Apple、iPhone6 Plus増産へ 生産バランスをシフト

画像元:photozou.jp – kyu3 Appleは、iPhone6とiPhone6 Plusの供給比率の調整を行なったと、台湾メディア『DigiTimes』が、大手サプライチェーン …

iPhone修理に非正規業者を利用してもAppleの補償が受けられる?

画像元:PAKUTASO Appleの保証サービスである、1年限定保障やApple Care+などの正規保障サービスを利用する場合、Appleから認証を受けていない非正規修理店などで修理をしてしまうと …

Apple、iPhone7に搭載するディスプレイドライバーチップを『Synaptics』へ発注か

画像元:martinhajek Appleは、2016年にリリース予定の次世代iPhone(iPhone7)に搭載されるLCDドライバ ICを『Synaptics』に注文したことを『DigTimes』 …

「iPhone X」用の保護フィルムでFace ID認証できなくなる?

10月27日16時01分より、予約受付が開始された新型のiPhone『iPhone X(アイフォーンテン)』について、MACお宝鑑定団[羅針盤]にて、ディスプレイ保護フィルムの取り扱いについて注意点が …

iPhone6sに同梱される説明書やイジェクトピンの写真がリークされる。ボタン配置はiPhone6と変わらず

中国のニュースサイト『MyDrivers』は、Foxconnの従業員によるリークと思われるiPhone6sの説明書とSIMカードのイジェクトピンの写真を公開しています。 撮影された写真内の説明書には、 …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich