iPhone6s まとめ

iPhone6sの新機能

2015年9月9日(現地時間)、AppleはスペシャルイベントでiPhone 6s / 6s Plusの公式発表を行いました。

iPhone 6s / 6s Plusの予約開始日時は9月12日(土)16時1分~、発売は25日(金)からとなります。

Appleが発表したiPhone6s、iPhone6s Plusに関する新機能・スペックについてはこちらのページをご確認下さい。

iPhone 6s / 6s Plus
発売日 2015年 9月25日(金)
予約開始日 2015年9月12日(土)16時1分~
画面サイズ iPhone 6s 4.7インチ
iPhone 6s Plus 5.5インチ
サイズ iPhone 6s 高さ:138.3 mm 幅:67.1 mm 厚さ:7.1 mm 重量:143 g
iPhone 6s Plus 高さ:158.2 mm 幅:77.9 mm 厚さ:7.3 mm 重量:192 g
カラー シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド(全4色)
スペック A9チップ
iSightカメラ:1200万画素 4K動画撮影対応、1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーション
FaceTimeカメラ:500万画素、720p HDビデオ撮影、パノラマ撮影(最大63メガピクセル)
3D Touch
LTE-Advancedワイヤレス接続機能
Ion−Xガラス
7000シリーズアルミニウム

iPhone 6s / 6s Plusの価格

Appleは、iPhone 6sとiPhone 6s PlusのSIMフリーモデルの日本国内での販売価格を発表しています。

iPhone 6s / iPhone 6s Plus 価格表

16GB 64GB 128GB
iPhone 6s ¥86,800(税別)
¥78,800(税別)
¥98,800(税別)
¥89,800(税別)
¥110,800(税別)
¥101,800(税別)
iPhone 6s Plus ¥98,800(税別)
¥89,800(税別)
¥110,800(税別)
¥101,800(税別)
¥122,800(税別)
¥113,800(税別)

上:価格改定前 下:価格改定後

(SIMフリー版)

このページでは、2015年秋頃に発売予定の新世代iPhone『iPhone6s』の新機能・スペックに関する噂や情報をまとめ、検証していきます。

iPhone6sに関する新たな情報が伝えられ次第、その内容を順次追加していく予定です。

発表日、発売日、予約開始日予想

※Appleは、既に発表イベントを9月9日午前10時(日本時間:9月10日午前2時)に開催することを正式に発表しています。

発表イベントは9月11日?

中国の『Micgadget』は、サプライチェーンのリーク情報を元に、Appleは9月11日(金曜日)にiPhone 6s / 6s Plusの発表イベントを行う予定であると伝えています。

また、同情報源は、iPhone 6s / 6s Plusのリリース日は、発表イベントの一週間後である9月18日(金曜日)になると予測しています。

Appleは、2012年のiPhone5以来、9月の第3金曜日に新型iPhoneをリリースしているため、この予想には一定の信憑性があります。

発表イベント、9月9日になるとの予想も

一方、『BuzzFeed』は、Appleの新製品発表イベントは9月9日(水曜日)になると予想しています。

いずれにしても、やはり予約開始日は9月11日(金曜日)、発売日は9月18日(金曜日)になるのが濃厚のようです。

また、例年通りであれば、予約開始時間は、9月11日(金曜日)の16時からになると予想できます。

地元のWebサイト『Hoodline』によれば、Appleは、9月9日(水)に、ビル・グラハム市民講堂において開催される発表イベントの準備を進めていると伝えています。

発売日、9月18日は確定か!?

ドイツのWEBサイト『macerkopf』は、ドイツの大手携帯キャリアの2社が9月18日にiPhone 6sを販売するべく準備していると伝えています。

ドイツは、長い間、Appleの次世代iPhoneの第一次販売国の一つですが、日本も同じく第一次販売国の一つです。

そのため、日本でのiPhone 6sの発売日は、ドイツと同じ日になると考えられます。

発売日は、9月25日。予約開始日は9月12日

Appleは、9月9日(現地時間)に開催したスペシャルイベントで、iPhone6s / 6s Plusの予約開始日、発売日を発表しました。

iPhone6s / 6s Plusは、日本を含む世界12カ国で9月25日(金)に発売されます。

また、予約開始日は、9月12日、予約開始時間は16:01~となります。

iPhone6s コンセプト画像

iPhone6s コンセプト画像

上記画像は、デザイナーAngel Hernandez氏により作成された、iPhone6sのコンセプト画像です。

次期iPhoneは、sシリーズになることが予想されるため、ベースデザインはiPhone6 / 6Plusのデザインを踏襲しています。また、コンセプト画像には、4.7インチモデルと5.5インチモデルの他に、復活が噂される4インチモデルの姿もあります。

iPhone6sには新色が追加される?

iPhone6s ローズゴールド

画像元:martinhajek.com

『The Wall Street Journal』は、Appleが次期iPhoneのカラーラインナップにピンクを追加するのではないかと報じています。

一方、AppleWatch Editionコレクションのカラーラインナップには、ローズゴールドが存在することから、Martin Hajek氏によるiPhone6sのコンセプト画像は同色のローズゴールドモデルが制作されています。

新色は、AppleWatchと同色のローズゴールドか?

8月28日、『9to5mac』は、iPhone6sの新色はローズゴールドになると確信していると報じています。『9to5mac』によれば、ローズゴールドモデルのフロントパネルは、iPhone6のゴールドモデルと同色の白になるようです。

また、ケースブランド『Spigen』は、Appleの正式発表前にも関わらず、サイト上で保護ケースを装着したiPhone6sローズゴールドモデルのコンセプトイメージを掲載しています。

iPhon6s mini(4インチ)は発売される?

iPhone6s mini コンセプト画像

iPhone6sでは、女性を中心に需要が見込まれる4インチモデル(iPhon6s mini)が発売されるのではないかと噂されています。

また、4インチモデルの名称はiPhone6cとなり、iPhone6の廉価版になるのでは? という噂も存在します。

iPhone6c コンセプト画像

画像元:nowhereelse.fr

上記のiPhone6cコンセプト画像は、様々なApple製品のコンセプトデザインを製作しているデザイナーのMartin Hajek氏が作成したものです。

日本では、iPhone6 / 6Plusの発売と共に販売が停止され、売れ行きが悪かったと言われるiPhone5cですが、イギリスにおいてはiPhone5sよりも人気を集めていました。

また、iPhone6で大型化した現在でも、片手で操作できる4インチ端末を求める声は根強くあります。

さらにAppleは、中国やインドなどの新興市場に対して、iPhone6と同等のスペックを持つ低価格バージョンの4インチモデルをリリースすることも十分考えられます。

しかし、サプライチェーンによれば、Appleは部品メーカーに対して部品の発注を行った事実はないと主張しており、次期iPhoneでの4インチモデルの登場を否定しています。

一方、3月25日に伝えられた情報では、2015年に4インチモデルがリリースされると伝えています。同じ情報源によれば、iPhone6cは、LTPSパネル、Gorilla Glass、A8チップを搭載し、製造会社はWistron社であると報じています。

複数のアナリストが2015年に4インチモデルiPhoneが発売されることはないと予測しています。

当初、AppleはiPhone6cのリリースを計画していたようですが、今年3月頃より、サプライチェーンからの4インチモデルの形跡が途絶えたことから、Appleはその計画を遅延もしくは停止させたことが考えられます。

iPhone6cのリリースは11月になる?

Foxconnは、iPhone6cの11月リリースに向け、生産台数を高めるために従業員を増員させていると『China Times』は報じています。

Foxconnの関係者も、iPhone6cの生産を進めていると述べているため、AppleがiPhone 6s / 6s Plusとリリース時期をずらして、年内に発売する可能性も否定できません。

次世代チップ「A9」

搭載されるA9チップは2種類?

A9チップ

次期iPhoneに搭載される予定のA9チップは、SamsungとGlobalfoundriesにより、14nm FinFETプロセスという技術を使用して製造されるようです。

また、A9チップは、16nm FinFETプロセスという別の技術を用いて、Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)が製造を担うものと見られています。

これにより、次期iPhoneに搭載されるA9チップは、Samsung・Globalfoundriesの14nm FinFETプロセスと、TSMCの16nm FinFETプロセスという2種類が存在するという可能性が浮上しました。

7月17日、台湾メディア『Digitimes』は、Samsung、TSMCの両社がA9チップの生産を開始したと報じています。

A9チップはA8チップに比べて約20~30%性能向上?

チップを事前に入手し、ベンチマークテストを行ったWeiboユーザーにより、A9チップはA8チップに比べて大きく性能が向上することが判明しました。

ベンチマークテストの結果、A9チップは、シングルコアスコア2,090、マルチコアスコア3,569を計測したようです。

A8チップは、シングルコアスコア1,611、マルチコアスコア2,885だったため、A9チップはA8チップに比べて約20~30%の性能向上を果たしているようです。

ただし、現時点ではデータの真偽の程は定かで無く、正確性の保証もありません。

LTEモデムチップに関する噂

Qualcomm製「MDM9635M」搭載でLTE速度が2倍に?

iPhone6sのLTEモデムチップは、Qualcomm製の「9X35」モデムプラットフォームとして知られる「MDM9635M」チップが搭載される蓋然性が高いようです。

Qualcomm製「MDM9635M」モデムチップは、下り最大300Mbps/上り最大50MbpsのLTE通信を可能とします。これは、iPhone 6/6 Plusに搭載されている「MDM9625」のLTE通信速度、下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsに比べてLTE接続速度が2倍になります。

また、「MDM9635M」を搭載することにより、LTE接続時のバッテリー消費も改善されることが期待されます。

iPhone6s カメラに関する新機能

背面iSightカメラは、800万画素を維持?

次期iPhoneの背面iSightカメラの画素数は、現行モデルと同じ800万画素を維持するのではないかと噂されています。

iPhone6のカメラは、顔検出、露出コントロールを可能とするFocus Pixelsや光学手振れ補正機能(iphone 6plusのみ)などの新機能が搭載され、着実に進化を遂げています。

ベンチマークテストにおいても、優秀な結果をマークしており、スマートフォン史上でも非常に優れたカメラであると賞賛されています。

1200万画素になると言う声も

情報調査会社のディレクターや証券会社のアナリストなどの確かな情報筋は、iPhone6sのカメラは、ピクセル数が12メガピクセル(1200万画素)に上昇すると述べています。

しかし、ピクセル数は上昇する反面、ピクセルサイズは縮小すると噂されています。これにより、夜間や暗所での撮影性能は低下する可能性もあるようです。

光学ズーム可能なデュアルレンズカメラが搭載される

次期iPhoneは、ピクセル数アップの他にも機能面で大きな変化が期待されます。

これにより、ズーム時の画質低減が解消され、DSLR(デジタル一眼レフ)レベルの画質になると言われています。

しかし、Appleの製品開発に詳しい情報筋によれば、iPhone6sにはデュアルカメラが搭載される可能性は低いと説明しています。

FaceTimeカメラは500万画素に

KGI証券が投資家向けに残したメモから、iPhone6sのフロントカメラは、500万画素にまでアップグレードされると見られています。

フロントカメラの画素数が120万画素から500万画素になることで、自撮り性能が向上することが期待されます。

RAM容量は2GB?

次期iPhoneのRAM容量は、現行の1GBから2GBに容量アップすると見られています。これにより、処理速度が改善され、動作速度も向上することが期待されます。

サプライチェーンの情報によると、次期iPhoneに搭載されるRAMは、ハイニックス、サムスン、マイクロン-エルピーダ、TSMCが生産する低消費電力モジュール『LPDDR4 DRAM』であると見られています。

『ForceTouch』同等の3Dタッチセンサー搭載?

Apple Watchに搭載される『ForceTouch』と同等の3Dタッチセンサーにより、ディスプレイが大きく進化する可能性が出てきました。

この技術により、タッチの圧力を感知することが可能となり、軽いタップと深く押すといった操作の違いを判別出来るようになるようです。

リーク動画で明らかになったForce Touchと思われる部品

YouTube上に公開されたリーク動画では、Forch Touchと思われる部品の存在を確認することが出来ます。

iPhone 6sのディスプレイは、Force Touch搭載になるのは確実? かもしれません。

3段階の圧力を識別、名称は「3Dタッチディスプレイ」

iPhone6sに搭載される「ForceTouch」技術の名称は、「3Dタッチディスプレイ」となる見込みです。

「3Dタッチディスプレイ」は、iPad ProやApple Watchに採用されているタッチセンサー技術に比べて進化したものになるようです。

具体的には、タップ、プレス、深いプレスという3段階の圧力を識別出来るようになると見られています。

ケースは「7000シリーズアルミニウム」を採用?

「7000シリーズアルミニウム」は、新たにApple Watch Sportに採用された新素材のアルミニウム合金です。

標準的な合金よりも60%程度強く、非常に軽量で、陽極酸化皮膜処理を施しているため、キズや腐食に強いという特性を持ちます。

iPhone6sのケースに「7000シリーズアルミニウム」が採用されれば、ボディへの傷やへこみといった心配が無くなるかもしれません。

iPhone6sのバックパネルは、従来の2倍以上の強度に

耐久テストの結果、7000シリーズアルミニウムを使用したiPhone6sのバックパネルは、iPhone6に採用されていた6000シリーズアルミニウムに比べて2倍以上の強度を持つことが判明しました。

また、7000シリーズアルミニウムの構成元素はアルミニウムやマグネシウムの他、新たに亜鉛が添加されるようです。

亜鉛合金は、衝撃や振動に強いという性質を持ちます。

16GBモデルは廃止され、36GBがベースモデルに

次期iPhoneでは、大容量アプリをインストールすると容量不足になるという問題を抱えていた16GBモデルが廃止され、32GBがベースモデルになるかもしれません。

これによりiPhone6sでは、36GB・64GB・128GBというラインナップになることが予想されます。

16GBモデルは維持される

iPhone6sの化粧箱に16GBの表記、 エントリーレベルモデルとして16GBモデルは維持される?

iPhone6sシリーズは、エントリーレベルモデルのストレージ容量が32GBになると噂されていましたが、Twitter上にリークされた化粧箱の画像では、16GBモデルの存在を示唆しています。

バッテリー容量は減少する?

中国の技術サイト『cnBeta』は、iPhone6sのバッテリーは1715mAh、iPhone6s Plusのバッテリーは2750mAhになるだろうと伝えています。現行モデルのiPhone6は1810 mAh、iPhone6 Plusは2910mAhです。

iOS 9は、無駄な消費電力を抑えることでバッテリー寿命を向上させるアップデートを行っています。これにより、バッテリー駆動時間は1時間延長します。
また、新たに「省電力モード」が実装されたことにより、さらなるバッテリー寿命の延びが期待できます。

Appleは、iOS 9の性能改善を果たしたことで、iPhone6s / 6s Plusのバッテリー容量を減少することを選択したのでしょうか?

投稿日:2015年2月20日 更新日:

iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich