iPhone ニュース iPhone6s

iPhone6s / 6s Plus、前モデルより約11%重くなった原因は3D Touchディスプレイ

投稿日:

iPhone6s / 6s Plusは、前モデルiPhone6 / 6 Plusに比べて厚く重くなりました。

iPhone6の重量は129g、iPhone6 Plusは172gでしたが、iPhone6sは143g、iPhone6s Plusは192gであるため、両モデル共に重量は約11%増となっています。

一部では、iPhone6sの重量増加の原因は、筐体に7000シリーズアルミニウムを採用したことによるものと指摘されていますが、実際には3D Touchディスプレイに起因するものであることが明らかになりました。

新アルミニウム合金採用でも、重量は微増

新アルミニウム合金採用でも、重量は微増

7000シリーズアルミニウムは、iPhone6の筐体に採用されていた6000シリーズに比べてわずかに密度が高いようです。

6000シリーズアルミニウムは、シリコンとマグネシウムを添加したアルミニウム合金でしたが、7000シリーズアルミニウムは、新たに亜鉛が添加されたアルミニウム合金です。

Appleは、iPhone6s Plusのアルミニウム合金は、6 Plusのものに比べて2g程度増加していると説明しています。

iPhone6sもiPhone6に比べて重量は増加していますが、こちらも微増に留めています。

新しいアルミニウム合金の採用が、iPhone6s Plusの曲げ問題に対処するものであることは明らかですが、これは重量増加の原因ではありません。

3D Touch搭載でディスプレイ重量は約2倍に

iPhone6s / 6s Plusのディスプレイは、iPhone6 / 6 Plusに使用されているものに比べて2倍の重さになるようです。

この重量増加の原因は、「3D Touch」ディスプレイを採用したことによるものです。

Appleは、圧力を測定するためにディスプレイアセンブリに新たなレイヤーを追加しましたが、これにより画面はやや厚くなり、重量も増加しています。

圧力の微細な変化を測定するために設計された容量性センサーは、ディスプレイのバックライトに組み込まれています。

iPhone6のディスプレイは12gでしたが、iPhone6sのディスプレイは29gであるため重量は倍増していることになります。

しかしながら、本体の重量差は、4.7インチモデルでは14g、5.5インチモデルでは20gであるため、ディスプレイ以外の箇所で軽量化が図られていることが分かります。

参照元:theverge

-iPhone ニュース, iPhone6s
-, ,

関連記事

iPhone 6 / 6 Plus ソフトバンクは最大110Mbps のSoftBank 4Gが対応

ソフトバンクは現在、「SoftBank 4G LTE」の名称でFDD方式のLTEを、「SoftBank 4G」の名称でTD方式のLTEを展開しています。 「SoftBank 4G」は、下り最大165M …

中国でのiPhone販売がApple躍進の原動力に

先日Appleは、第2四半期の業績発表を行い、第2四半期としては過去最高のiPhone販売台数を記録したことを報告しました。 Apple、第2四半期の業績を発表。売上580億ドル、純利益136億ドルで …

iPhone、米国でのスマートフォン市場占有率拡大

デジタルメディア分析会社『comScore』の最新データによれば、米国のスマートフォン市場において『Apple』は、『Samsung』、『LG』、『Motorola』、『HTC』などの競合メーカーをリ …

iPhone Xの上面の凹部分をフラットにするアプリ

参照元:Axiem Systems 『iPhone X』は前面フルディスプレイを採用しましたが、上部にカメラやセンサーを内蔵した部分がちょっとした凸凹として反映されています。この凸凹が気になるユーザー …

本日27日16時01分より『iPhone X』予約受付開始!

いよいよ本日16時01分よりファン待望の『iPhone X』の予約開始ですね!公式の「Apple store」のみならず、大手キャリアであるソフトバンク・エーユー・ドコモの店舗及び各オンラインストアに …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich