iPhone ニュース iPhone6s

iPhone6s Plus、ディスプレイのバックライトモジュール供給不足により納期遅れか

投稿日:

iPhone6s Plus、ディスプレイのバックライトモジュール供給不足

KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、日本のサプライヤー『Minebea』が生産するバックライトモジュールの供給不足により、iPhone6s Plusの納期が遅れていると投資家向けメモで説明しています。

Kuo氏は、代替サプライヤーとして『Radiant』にバックライトモジュールの受注を切り替えることにより、Appleは問題を解決しようとしていると述べています。

『Radiant』は、9月中のバックライトモジュール受注数が400〜500万個となり、受注全体の70〜80%を占めることになると見られています。以前は35〜45%でした。

我々は、iPhone 6S Plus(6S Plus)モデルのバックライトモジュールの生産問題は、供給元Minebea(JP)の供給不足が主な要因の一つであると考えています。

この問題に取り組むために、Apple(US)は、Radiant(6176 TT、NT $106.5、OP)に高ASP6S Plusのバックライトモジュールの受注を切り替えたとを我々は信じています。そして、その販売の勢いを高めるはずです。

iPhone 6s Plus、全モデル3〜4週間待ち

iPhone 6s Plusの事前予約は、全モデルで3~4週間後の発送となっています。

Kuo氏は、この遅れの主な理由としては、サプライチェーンの問題ではなく、iPhone 6s Plusの強い需要にあると考えています。

同氏は、9月25日の発売日には、150~200万台のiPhone 6s Plusを用意していると予想しています。

最後に『Minebea』から『Radiant』へサプライヤーを変更したことにより、iPhone 6s Plusの9月中の供給を向上させる必要があると結論付けています。

今朝、Appleはメディアに対して、iPhone 6s / 6s Plusの予約数が、2014年9月にスタートにリリースされた昨年のiPhone6 / 6 Plusの記録を破り1000万を超えるだろうと発表しています。

参照元:MacRumors

-iPhone ニュース, iPhone6s
-,

関連記事

起動時間で見るiPhoneとAppleWatchの共通点

今週金曜日に発売される注目の最新ウェアラブル端末『Apple Watch』ですが、モバイルニュースサイト『BGR』は、『Apple Watch』の起動時を撮影した動画からiPhoneとの共通点を指摘し …

no image

スマホ買い替え予定の約半数が「iPhone6を買う」と回答

今秋のリリースを前に、iPhone6への期待がかなり高まっていることが、調査から明らかになりました。 投資銀行RBC Capital Marketsがアメリカにおいて4,000人を対象に実施した調査に …

『iPhone 6』スピーカー部の写真がリークされる!

中国に拠点を置く卸売業者Elekworldは、それがiPhone 6用のスピーカー部品であると主張する写真を公開しました。 このリークされた写真からは、スピーカー部品が前の世代(iPhone 5s)か …

「Face ID」を搭載したiPhoneXでAppleは2年半先を行く!

参照元:Apple EVENTS ホームボタンが廃止され、顔認識でロック解除をする「Face ID」を新たに搭載し、Apple初となる5.8インチのフルディスプレイを採用した『iPhone X』 Ap …

iPhone6s搭載予定のA9チップは、サムスン、Globalfoundriesが受注の過半数を獲得か

情報筋により、サムスン電子とGlobalfoundriesは、14nm FinFETプロセスとAppleのA9プロセッサの受注を合わせた70%を確保していると台湾メディア『DigiTimes』が伝えて …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich