iPhone ニュース

Apple、液体などからiPhoneの開口部を保護するためのアクティブシャッターを開発

投稿日:2015年11月27日 更新日:

Apple、液体などからiPhoneの開口部を保護するためのアクティブシャッターを開発

画像元:uspto

米国特許商標庁が公表したAppleの特許資料「Electronic devices with housing port shutters」には、iPhoneのスピーカーボックスやマイクなどの重要なコンポーネントの開口部に配置される、電気制御シャッターシステムであると記載されています。

これらのシャッター機構により、液体などの異物が混入しても即座に音響経路を遮断することが可能になるようです。

Appleの新技術は、ヘッドフォン・ジャックや側面のSIMカードスロットなど、ほぼ全ての開口部に適用することが可能になると見られています。

具体的には、液体や埃などの異物の存在をセンサーが検出することで、コンポーネントの開口部に設置された複数の可動式シャッターやルーバーが起動し密閉する仕組みです。

シャッター機能は、音声コマンドやディスプレイ上のGUIで設定することで起動可能となるようです。

浸水トラブルによるリスクが軽減されれば、修理費用を支払う機会も少なくなるかもしれません。
※Apple製品は、水濡れによる損傷の修理に関して保証対象外です。

Appleは、iPhone6sのロジックボードにシリコンカバーを設置したり、パネルの外周にガスケットシールを貼るなど防水性能の向上を図っています。

今回の特許取得のニュースからも、Appleは、iPhoneをはじめとする自社製品にとって最大の弱点である「水」への対策に高い関心を示していることが伺えます。

ただし、この特許技術をすぐに実用化することは難しいと考えられますが、iPhoneが完全防水・防塵になるのは、遠い未来の話ではないのかもしれません。

参照元:appleinsider

-iPhone ニュース
-

関連記事

iOSの開発コードに「ForceTouch」を示唆する記述を確認。iPhone6sへの搭載は確実か?

iOSの開発コード内で発見された記述から、Appleの次世代iPhoneには感圧タッチ技術「ForceTouch」のテストを実装していることが明らかになりました。 以前から、Appleのソースコード内 …

Apple、バグ修正を含むアップデートしたiOS9.0.2をリリース

本日、Appleは、複数のバグ修正やパフォーマンス向上を含むマイナーアップデートを行った、iOSの最新バージョン「iOS 9.0.2」をリリースしました。 前回の「iOS 9.0.1」は9月24日にリ …

iPhone7デュアルカメラ搭載中止?ホームボタンもタッチ式へ

先週、韓国メディアの『Business Korea』が、次期iPhone用のカメラモジュールを当初予定されていたソニーに代わってLG(LG Innotek)が独占的に担当すると報じました。 ソニーは4 …

iPhone8には急速充電器が同梱か?

画像元:MacRumors   新しく発売された『iPad Pro』は「USB-C 電源アダプター」と「USB-C Lightningケーブル」を使用することで、急速充電が可能になるのですが …

発売から3か月、現在のiPhone7 / 7Plusの入出荷状況

画像元:Apple_Events Appleから発売されたiPhone7シリーズも、発売当初に比べるとiPhone7がユーザーの手に入るまでの期間が大幅に短縮されているようです。 リリースから約3か月 …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich