iPhone ニュース

Apple、iPhone乗換えで他社スマートフォンを下取りへ

投稿日:2015年3月17日 更新日:

Apple、iPhone乗換えで他社スマートフォンを下取りへ

Appleは、非iPhoneユーザーがiPhoneへ、より安価で簡単に乗り換え出来るように、下取りプログラムを実施することを予定しているようです。

『9to5Mac』によれば、Appleは、AndroidやBlackBerry端末から、iPhoneへの乗り換えを促す、新たなリサイクル/下取りプログラムを導入すると伝えています。

下取りの際は、Apple Store直営店へデバイスを持参し、スタッフによる査定が行われます。その後、下取り値が決定され、それに応じたギフトカードと引き換えられます。

このギフトカードは、iPhoneの購入に充当することが可能です。

リサイクル/下取りプログラムのスタッフ研修は、今週後半にも開始され、近く米国で実施される予定です。

Apple、iPhone下取りプログラムを2013年より開始

Appleは、iPhone旧モデルから最新モデルへのアップグレードを促すことを目的として、iPhoneリサイクル/下取りプログラムを、2013年半ばに開始しています。

同プログラムは、Appleの販売を後押しするため、過去数年に渡り、米国、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリアなどで拡大しています。

その結果、iPhone売上げは上昇し、好調なセールスに結びついているようです。

また、昨年夏、Appleは、同様のiPad下取りプログラムを実施しています。

しかしながら、Appleの下取りプログラムは、他社に比べて下取り価格の面において劣るという評価がなされているようです。

Apple、さらなるシェア拡大へ

Appleのスマートフォンセールスは、総収益の半数以上を占めています。

大部分の売上げは北米・欧州が占めていますが、発展途上国(特に中国)においても需要の伸長がみられます。

下取りプログラムにより、他社スマホからiPhoneへ、より安く手軽に入手することが可能になりますが、これにより、Appleの成長にさらなる拍車をかけることになるかもしれません。

ただし、日本でこの下取りサービスが実施されるかどうかについては不明です。

参照元:9To5Mac

-iPhone ニュース
-

関連記事

iPhone XS(アイフォーンテンエス)開封の儀!

9月21日より販売が開始された『iPhone XS』。 社員の一人が予約をしておりその実機が届いたと一報が入りました!実機の写真欲しさに傍へ行き、ドキドキの「開封の儀」に同席させて貰うことが出来ました …

A7チップ世代でもiOS12にアップデートできる!

iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRの3機種には『ios12』が搭載されていますが、「iOS11対応端末であればA7チップ搭載機種であってもiOS12にアップデート …

Apple、10月17日(金曜日)に中国でiPhone6 / 6 Plusを発売

先ほど、Appleは中国でのiPhone6の販売を開始するのに必要な最終的なライセンスを受けていたことが明らかになりました。 これにより、Appleは、中国でiPhone6 / 6 Plusを10月1 …

【噂】iPhone6sの解像度は1080p(1920x1080pixel)に上昇する?

以前から伝えられる報道では、次世代iPhoneは、より大きなメモリ(2GB)となり、開始容量は32GB、Force Touch搭載になると予想されています。 中国メディアの『FENG.COM』は、Ap …

iOS12に違う相手にメッセージが送信される不具合とその解消法

発売されたばかりのiPhone XS/XS maxをはじめ、既存機種にもiOS12が適用されましたが、現在iOSでは本来の送信先ではない相手にメッセージが届いてしまう不具合が発生しているようです。 こ …

iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入