iPhone ニュース

『iPhone 6』4.7/5.5インチモデルのホームボタンケーブル・インダクションフレックスケーブル画像が流出。サイズ2種類は確定的!?

投稿日:2014年8月4日 更新日:

次期iPhone 6/Airのホームボタン部分のフレックスケーブルのパーツが、フランスのITサイト『NowhereElse』によりリークされました。

このサイトは、以前にも、プリント基板の写真をいち早く入手し、その情報を伝えています。

ホームボタン フレックスケーブル

フレックスケーブル

画像を確認することで分かるのは、4.7インチモデルと5.5インチモデルでは、ホームボタンの形状が異なる点です。

今回『NowhereElse』は、iPhone 5s、iPhone 6(4.7インチモデルと5.5インチモデル)の計3種類のホームボタンケーブルの写真を公開しています。

iPhone 5sのケーブルは、U字型になっていますが、iPhone 6のものとされるケーブルは、どちらも直線的なデザインになっています。

この記事によるケーブルの画像が実際のものであれば、4.7インチモデルと5.5インチモデルでは、大きくデザインが異なることが分かります。

ここで注目すべき点としては、今回リークされたケーブルに印されている登録番号が、以前にリークされたAppleの他のパーツと一致している点です。

そのため、本物のケーブルである信憑性も高いのではないかと考えられます。

インダクションフレックスケーブル

インダクションフレックスケーブル

また、フレックスケーブルと同時にインダクションフレックスケーブル(スリープボタンのケーブル)の画像もリークされました。

このインダクションフレックスケーブルは、iPhone 5sと比較してフォトセンサーの形状が変更される模様です。

今回公開された画像が本物である保証はありませんが、これらの画像から分かることは、全てのモデルで形状が異ることです。

そして、このリーク情報から分かることは、iPhone 6の画面サイズが4.7インチと5.5インチの2種類であることが確定的であるということです。

ここ数週間で、基板、ケーブル、背面パネルなどの様々な部品の情報が伝えられていますが、これはAppleによるiPhone 6の生産が順調であることを示唆していると考えられます。

参照:NowhereElse

-iPhone ニュース
-, , ,

関連記事

iPhone6cはiPhone5sに似ている!? 最新A9チップを搭載か

Apple製品の展望を数多く提供しているKGI証券のMing-Chi Kuo氏は、Appleが2016年の第1四半期にリリースすると噂される新型4インチiPhoneについて予想しています。 Kuo氏は …

iPhone 6 Plusの所有者が報告!ポケットに入れると曲がる!?

iPhone史上最も大きなサイズである5.5インチのiPhone6 Plusが発表された当初から、そのデバイスの大きさにより、ポケットの中に入れるには大きすぎるのではないかと心配されていました。 『B …

iPhone 6 4.7インチの新たな背面パネル画像が流出!

uSwitchにより、iPhone 6 4.7インチモデルの背面パネルとされる新たな写真がリークされました。 今回リークされた新たな写真には、背面パネルの表面と裏面が撮影されています。 前回の流出した …

iPhone6s/6s Plus、2種類のA9チップの搭載比率が明らかに

『Chipworks』によるiPhone 6s / 6s Plusの分解検証の結果から、A9チップには、14nmプロセスを使用して開発されたSamsung製のチップと、16nmプロセスを使用して開発さ …

【今秋登場】iOS11にアップデートする前に!

画像元:MacRumors Appleは公式Apple Storeにて次世代iOS11のアップデートに向けたサポートページを展開しています。 今秋新型iPhoneと共に登場するであろう、iOS11です …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich