iPhone ニュース

『iPhone 6』4.7/5.5インチモデルのホームボタンケーブル・インダクションフレックスケーブル画像が流出。サイズ2種類は確定的!?

投稿日:2014年8月4日 更新日:

次期iPhone 6/Airのホームボタン部分のフレックスケーブルのパーツが、フランスのITサイト『NowhereElse』によりリークされました。

このサイトは、以前にも、プリント基板の写真をいち早く入手し、その情報を伝えています。

ホームボタン フレックスケーブル

フレックスケーブル

画像を確認することで分かるのは、4.7インチモデルと5.5インチモデルでは、ホームボタンの形状が異なる点です。

今回『NowhereElse』は、iPhone 5s、iPhone 6(4.7インチモデルと5.5インチモデル)の計3種類のホームボタンケーブルの写真を公開しています。

iPhone 5sのケーブルは、U字型になっていますが、iPhone 6のものとされるケーブルは、どちらも直線的なデザインになっています。

この記事によるケーブルの画像が実際のものであれば、4.7インチモデルと5.5インチモデルでは、大きくデザインが異なることが分かります。

ここで注目すべき点としては、今回リークされたケーブルに印されている登録番号が、以前にリークされたAppleの他のパーツと一致している点です。

そのため、本物のケーブルである信憑性も高いのではないかと考えられます。

インダクションフレックスケーブル

インダクションフレックスケーブル

また、フレックスケーブルと同時にインダクションフレックスケーブル(スリープボタンのケーブル)の画像もリークされました。

このインダクションフレックスケーブルは、iPhone 5sと比較してフォトセンサーの形状が変更される模様です。

今回公開された画像が本物である保証はありませんが、これらの画像から分かることは、全てのモデルで形状が異ることです。

そして、このリーク情報から分かることは、iPhone 6の画面サイズが4.7インチと5.5インチの2種類であることが確定的であるということです。

ここ数週間で、基板、ケーブル、背面パネルなどの様々な部品の情報が伝えられていますが、これはAppleによるiPhone 6の生産が順調であることを示唆していると考えられます。

参照:NowhereElse

-iPhone ニュース
-, , ,

関連記事

ソニー、iPhoneなどに搭載するCMOSセンサー製造に450億円の追加投資

『Bloomberg』は、ソニーが長崎、山形にある工場に対し、CMOSイメージセンサー増産のための3.76億ドル(450億円)にも上る設備投資を行うことを報じました。 この2月、ソニーは、8.726億 …

Appleがデュアルカメラの3Dマッピング技術の特許を申請

画像元:Patently Apple 先日、iPhone7Plusのデュアルカメラに関する特許申請情報をApple社の特許情報に詳しい『Patently Apple』が報じました。 小型のイメージセン …

iPhone XRのタッチ&トライムービー

Appleのスペシャルイベント会場にて『iPhone XR』の実機に触れ、直接操作したムービーを様々な海外メディアが公開しています。 『iPhone X』の後継機としても気になる『iPhone XS …

次期iPhone8のデザイン確定か?

画像元:Forbes   世界的に有名な経済ニュースメディアの「Forbes」が、iPhone 8の確定版と思われるCADファイルを入手し、レンダリング画像をリークしました。 兼ねてから噂の …

新型4インチiPhone『iPhone SE』の発表イベントは、3月21日の週に開催か?

画像元:flickr – iPhone 5S 『Appleinsider』によると、Appleは、4インチiPhone『iPhone SE』やiPadなどの新製品発表イベントを、3月21日 …

iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入