基礎知識

iPhone 6の初期設定について

投稿日:2014年10月30日 更新日:

iPhone 6 / 6 Plusを購入しても、電源を入れただけで、すぐにiPhoneを使用できるわけではありません。

購入したiPhoneを使用するためには、アクティベーションと初期設定を行う必要があります。

この初期設定は、バックアップの必要がない方であれば、最短で10分~15分で設定を完了させることが可能です。

iPhone 6の初期設定について解説

本体の電源を入れる

アップルロゴが表示された後、各言語で「こんにちは」と表示されます。

画面下の【スライドで設定】を右へスワイプします。

言語の選択

通常の利用に適した言語を選択します。

国または地域を選択

iPhoneを使用する国または地域を選択します。

キーボードを選択

初期設定は、日本語かな、絵文字、英語(English)となっています。

設定は後で変更することが可能です。

Wi-Fiネットワークを選択

Wi-Fiネットワークを選択して、パスワードを入力後、【接続】をタップします。

Wi-Fiに接続後、アクティベートが開始されます。

位置情報サービスの設定

iPhoneには位置情報サービス機能が備わっています。この機能により、今どこにいるかといった情報を得ることができます。

「マップ」アプリでの現在地や、写真の撮影情報、「Siri」など、様々なアプリで利用されています。

なにかと便利な位置情報サービス機能ですが、バッテリー消費にもつながるため、慣れるまではオフにしておくといいかもしれません。

位置情報サービス設定は、後から変更することも可能なので、適時、設定を変更することをおすすめします。

iPhoneを設定(データ復元)

これまで利用していたiPhoneから、iPhone6 / 6 Plusへ移行される場合は、バックアップから復元を選択します。【iCloudバックアップから復元】又は【iTunesバックアップから復元】のいずれかを選択してください。

はじめての方、以前のバックアップは必要ないという方は、【新しいiPhoneとして設定】をタップします。

Apple IDを設定

既にApple IDをお持ちの方は、「Apple IDでサインイン」を選択します。

はじめての方、以前のバックアップは必要ないという方は、【新しいiPhoneとして設定】をタップします。

なお、どちらも選ばずに初期設定を進めたい場合は、「この手順をスキップ」を選択することで、この行程を省略することも可能です。

Apple IDをお持ちの方は、上記の画面でIDとパスワードを入力してください。

その際、利用規約の同意を求められます。

内容をよく確認のうえ、問題なければ「同意する」をタップして下さい。

その後、Apple IDの設定が始まりますので、しばらくお待ちください。

iCloudを設定

iCloudを設定することでパソコンを使わずにデータをバックアップすることができます。

よく分からない、後で設定したいという場合は、「iCloudを使用しない」をタップしてください。後から、設定を変更することが可能です。

iMessageとFaceTimeを設定

FaceTime や iMessage にサインインすると iPhone の電話番号が Apple ID にリンクされます。これにより、ほかの iOS デバイスの FaceTime や iMessage で iPhone の電話番号を使用できるようになります。

このサービスは相手を特定するために電話番号かメールアドレスを利用します。利用できる電話番号などの一覧が表示されるので、連絡されてもよいものだけチェックした状態にして「次へ」をタップします。

Touch IDを設定

指紋認証機能「Touch ID」の設定を行います。この機能を利用したい場合は、ホームボタンに指を乗せることで指紋のスキャンが開始されます。指紋は複数登録可能です。

Touch IDも後から登録することが可能です。

パスコードを作成

パスコードを作成することで、iPhoneにロックをかけ、他人に利用されるのを防ぐことが出来ます。作成する場合は、4桁の数字を入力します。

パスコードも後から作成することが可能です。

Siriを設定

Siriを使用することで、iPhoneを音声で操作できるようになります。

不要な場合は「Siriを使用しない」を選択してください。

診断の設定

Appleのサービス向上のため、ユーザーのiPhone使用状況データをアップルに送信します。

Appleは、これにより新しい製品の改善に繋げています。

利用データを送信したくない場合は「送信しない」を選択することも可能です。

拡大・表示

iPhone 6 / 6 Plusは、拡大表示の設定を行うことが可能になりました。これは、iPhone6の画面が大型化したことによる特徴的な機能の一つです。

テキストやアイコンなどの大きさを選択でき、iPhone 6で【拡大】を選択すると、4インチ画面(iPhone 5 / 5s)の表示領域になります。iPhone 6 Plusで【拡大】を選択すると、iPhone 6と同等になります。

初期設定完了

以上で初期設定は完了です。

「さあ、はじめよう」をタップして、iPhone6 / 6 Plusを体験してみてください。

-基礎知識

関連記事

AppleがSIMフリー版iPhone 6 / 6 Plusを発売するけど、SIMフリーって何?

Apple公式サイトでも既にSIMフリー版のiPhone 6 /iPhone 6 Plusの価格と予約受付日時が公開されています。 昨年、AppleがiPhone 5s / 5cでSIMフリー版を発売 …

画面サイズの◯◯インチとは?

7月14日にiPhone 6 5.5インチモデルの発売延期についてレポートされましたが、そもそもiPhoneなどスマホのインチとは、どの部分の長さを測定したものなのでしょうか? 画面サイズのインチとは …

iPhone6 / 6PlusがAndroidより少ないメモリでも快適に動作する理由

先日、台湾のWEBサイト『TechNews』が、iPhone6s(仮称)は現行のiPhone6に比べてRAM容量が2倍になると伝えましたが、iPhone6はRAM容量が1GBであるにもかかわらず、ベン …

Apple、『iOS 8.0.1』のバグを修正し、『iOS 8.0.2』をリリース

Appleは、9月25日未明(現地時間)以下のバグを修正し、iOS8.0.2(Build 12A405) をリリースしました。 Appleによれば、40,000台未満のiPhone 6 / 6 Plu …

iPhone 自動ロックの設定方法

iPhone 6 / 6 Plusは、デフォルトの設定で1分間操作を行わないと自動ロックが掛かり、ディスプレイの電源が切れてスリープ状態になります。 自動ロックが掛かると、その都度パスコード入力や指紋 …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich