iPhone ニュース iPhone6s

iPhone6sのディスプレイ分解により、3D Touchセンサーの全貌が明らかに

投稿日:

iPhone6sのディスプレイ分解により、3D Touchセンサーの全貌が明らかに

修理会社『iFixit』は、ディスプレイ本体からRetina HDディスプレイ・アセンブリ層を分解し、バックライトとフロントガラスデジタイザを分離させ、3D Touchセンサーの分析内容を公開しています。

今回の分解は、分解のし易さを判断するリペアスコアの評価はされていませんが、スマートフォンのディスプレイを分解して、さらに組み立て直すことは非常に専門的なツールを使用したプロの作業であるため、一般人は真似しないようにと『iFixit』は警告しています。

Appleは、3D Touchセンサーの側面に沿ってホームボタンのケーブルを退避させ処理しています。


同社による『3D Touch』パネルの詳細な調査によると、大部分は長方形のコンデンサプレートで構成されており、微量を介してコントローラ回路に接続しています。

この背面パネル上の金色の各長方形は、平行平板コンデンサの一枚板ですが、平行平板コンデンサの容量は、極板間距離に反比例します。短い距離は、プレート上の電荷のための大容量を意味します。

Appleは、iPhone6sのガラスカバーに使用する柔軟なガラス素材を開発するために、Gorilla Glass製造メーカー『Corning』と密接に連携を取っていました。

ガラスを指で押すことで、ごくわずかに接触点のガラスが曲がります。そして、指とディスプレイ下部の配列内に対応するコンデンサプレート間の距離を短くします。これは、「push」ではなく「touch」として認識されます。

3D Touchディスプレイは、アプリを介してショートカットを起動させることを可能としています。

「peek」や「pop」などの新たなジェスチャーが追加されるなど、『3D Touch』は、iPhone6sの目玉機能の一つです。

参照元:ifixit

-iPhone ニュース, iPhone6s
-, ,

関連記事

iPhone SEは、iPhone 6sよりバッテリーの持ちが良くなるらしい

画像元:Gadgets 360 Appleは、3月23日に4インチモデル『iPhone SE』を発表しました。 デザインは、2013年にリリースされた『iPhone 5s』によく似ていますが、性能面で …

ソニーCFO、来年の主要スマートフォンにデュアルレンズが搭載されるとコメント。iPhoneへの搭載も示唆

画像元:COMPUTER BILD TV 『Apple』のイメージセンサーサプライヤーは長年に渡って『ソニー』が担ってきましたが、iPhone 7のカメラセンサーも引き続きソニー製となるようです。 同 …

iPhoneSEに3Dtouch技術が採用されなかったのはなぜ?

画像元:flickr Appleは、価格を大きく引き下げた4インチモデルiPhoneSEのリリースを発表しました。 iPhoneSEのデザインは、サイズ・重量ともにiPhone5sとほぼ同じですが、性 …

起動時間で見るiPhoneとAppleWatchの共通点

今週金曜日に発売される注目の最新ウェアラブル端末『Apple Watch』ですが、モバイルニュースサイト『BGR』は、『Apple Watch』の起動時を撮影した動画からiPhoneとの共通点を指摘し …

投資会社、ホリデーシーズンのiPhone販売台数7840万台、2016年の売上高4%増と予想

投資会社『UBS』 は、AppleがホリデーシーズンでのiPhoneの販売台数が7840万台を記録すると考えています。 投資会社『UBS』のアナリストSteven Milunovich氏は、投資家に対 …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich