iPhone予約購入ガイド【最新情報】

最新iPhoneの発売日や予約状況、最新機能から特徴などiPhoneに関する最新ニュースを発信中!

iPhone ニュース iPhone6s

iPhone 6s、M9コプロセッサ搭載で いつでも「Siri」を起動可能に

投稿日:

iPhone 6s、M9コプロセッサ搭載でいつでも「Siri」を起動可能

iPhone6s / 6s Plusに搭載されるA9チップには、新しいM9モーションコプロセッサが内臓されていますが、モーションコプロセッサは、加速度センサーや電子コンパスなどの処理を行うチップです。

M9モーションコプロセッサは、フィットネスデータを幅広く記録できるように、加速度センサー、コンパス、ジャイロスコープ、気圧計と繋がっています。

A9チップにM9内臓で省電力化

以前までのiPhoneは、MシリーズチップとメインCPUは別々でしたが、今回Appleは、A9チップにMシリーズチップを統合させました。

Appleは、M9をメインCPUへ統合させることで、デバイスのバッテリー寿命を消耗することなく、モーションセンサーを常に実行させることを可能にしました。

これにより、低消費電力で各種センサーからの入力を認識することができ、「Hey Siri」と話しかければいつでも起動するようになります。

以前までのiPhoneでは、電源に接続されている場合にのみ、「Hey Siri」で起動しましたが、電源に繋がっていなくても「Siri」を呼び出すことが可能です。

新たに歩行やランニングのペースを測定

前Mシリーズチップと同様に、M9も歩数、移動距離、高度の変化を測定します。

それに加えて、iPhone 6sでは、ユーザーの歩行やランニングのペースを測定出来るようになります。

これは、Apple WatchのS1チップと同様にバッテリーを消費するGPSを必要としません。

M9モーションコプロセッサは、iPhone6s / 6s Plus、およびiPad Proに搭載されます。

参照元:Appleinsider

-iPhone ニュース, iPhone6s
-, ,

関連記事

iPhone6s / 6s Plus、前モデルより約11%重くなった原因は3D Touchディスプレイ

画像元:flickr – masato_photo – iPhone6s / 6s Plusは、前モデルiPhone6 / 6 Plusに比べて厚く重くなりました。 iPhon …

iPhone、米国でのスマートフォン市場占有率拡大

デジタルメディア分析会社『comScore』の最新データによれば、米国のスマートフォン市場において『Apple』は、『Samsung』、『LG』、『Motorola』、『HTC』などの競合メーカーをリ …

iPhone6sに同梱される説明書やイジェクトピンの写真がリークされる。ボタン配置はiPhone6と変わらず

中国のニュースサイト『MyDrivers』は、Foxconnの従業員によるリークと思われるiPhone6sの説明書とSIMカードのイジェクトピンの写真を公開しています。 撮影された写真内の説明書には、 …

Apple、2017年のiPhoneに有機ELディスプレイ(OLED)を採用する計画か?

画像元:wikipedia Appleの商取引に詳しい情報筋によると、同社は来年のiPhoneリリースに間に合うように有機ELディスプレイ(OLED)の増産を議論するため、12月から韓国のディスプレイ …

ソフトバンク、「タダで機種変更キャンペーン」割引額が増額決定!

ソフトバンクは「のりかえ下取プログラム」の発表とともに、以前に、発表されたキャンペーン「タダで機種変更キャンペーン」の割引額の増額を行うことを発表しました。 期間は、2014年9月19日(金)から20 …

iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich