iPhone ニュース iPhone6s

iPhone6s/6s Plusの原価が判明。3D Touch搭載でiPhone6よりもコスト上昇

投稿日:

iPhone6s/6s Plusの原価が判明。3D Touch搭載でiPhone6よりもコスト上昇

画像元:ifixit

調査会社『IHS Technology』が米メディア「Re/code」に公開した試算によれば、iPhone6sの原価は211.50ドル(約25,360円)、iPhone6s Plusの原価は236ドル(約28,300円)であることが明らかになりました。

同社の調査結果によると、最も高価だったのは、iPhone6s Plusに搭載されている3D Touchディスプレイで、52.50ドル(約6,300円)でした。

それ以外で高価だったコンポーネントは、A9チップの22ドル(約2,650円)、2GBのDRAMは17ドル(約2,040円)、Qualcomm製のベースバンドチップは13ドル(約1,560円)、フロント・リアカメラは共に22.50ドル(約2,700円)だったようです。

また、16GB NANDフラッシュチップの価格は5.50ドル(約660円)、WLANモジュールは6ドル(約720円)、バッテリパックは4.50ドル(約540円)。

オンボードのオーディオハードウェア、NFCコントローラ、加速度センサー/ジャイロスコープ、気圧計とコンパスを合わせた原価は18ドル(約2,160円)でした。

エンクロージャー(筐体)、回路基板、コネクタなどの部品は42ドル(約5,050円)、組み立て費用は1台当たり4.50ドル(約540円)でした。

Tim Cookは原価調査に批判的

なお、AppleのCEO Tim Cook氏は、このような調査で原価を算出することに批判的です。

なぜなら、これらには研究開発費や物流コスト、マーケティング費用などが全く含まれていないため、正確なコストとしては認められないという見解だからです。

ちなみに、iPhone6の原価は約200ドル、iPhone6 Plusは約216ドルだったと言われています。

iPhone6s / 6s Plus共に、前モデルに比べて原価が高くなるという結果になりましたが、これは新たに搭載された感圧タッチ技術『3D Touch』が原因であるとみられています。

※2015年09月30日14時20分時点での為替で計算しています。

参照元:appleinsider

-iPhone ニュース, iPhone6s
-,

関連記事

iPhoneSEに3Dtouch技術が採用されなかったのはなぜ?

画像元:flickr Appleは、価格を大きく引き下げた4インチモデルiPhoneSEのリリースを発表しました。 iPhoneSEのデザインは、サイズ・重量ともにiPhone5sとほぼ同じですが、性 …

iPhone8のコンセプトデザインが公開される

発売まで約2ヶ月と予想されるiPhone 6sですが、動画では既に2018年に発売されるであろうiPhone8のコンセプトデザインが公開されています。 iPhone8のコンセプト動画は、グラフィックデ …

【噂】iPhone6s、7000シリーズアルミニウムを採用か? アナリストによるレポートで判明

画像元:flickr – Paul Hudson KGI証券のMing-Chi Kuo氏は、次世代iPhone(iPhone6s)の筐体は『Apple Watch SPORT』で使用される …

iPhone7に搭載されるA10チップは、TSMCが独占供給か

今年9月にリリースされたiPhone6sに搭載されているA9チップは、『TSMC』と『Samsung』の両社によって供給されていますが、ベンチマークテストの結果から2つのチップには性能差があることが明 …

【噂】Apple、iPhone6c(4インチモデル)を含む3モデルを今年リリースする?

2GBのRAMと、AppleWatchに採用された『Force Touch』機能が搭載されると噂されているiPhone6s/6s Plusですが、今回、iPhone6sに関する新たな噂が伝えられました …

iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich