iPhone ニュース iPhone6s

iPhone6s/6s Plus、2種類のA9チップの搭載比率が明らかに

投稿日:2015年9月30日 更新日:

『Chipworks』によるiPhone 6s / 6s Plusの分解検証の結果から、A9チップには、14nmプロセスを使用して開発されたSamsung製のチップと、16nmプロセスを使用して開発されたTSMC製のチップの2種類があることが判明しました。

デバイスサイズによって搭載されるチップが異なるという噂は、以前から伝えられていました。

噂では、iPhone6sには小さなサイズのSamsung製のチップが搭載され、iPhone6s Plusには、TSMC製のチップが搭載されると言われていました。

しかし、新たに報告されたiOSデベロッパーによる最新のデータは、この噂を否定する内容となっています。

デベロッパーのHiraku Wang氏は、iPhoneにSamsung、TSMCどちらのチップを搭載しているかを判別するアプリケーションを作成しています。

そのアプリを使用して約2,500台のiPhone 6s / 6s Plusを測定した結果、搭載されているA9チップは、Samsung製のものよりもTSMC製のものの方が多いことが明らかになりました。

Samsung製のチップは、全体の41.04%、TSMC製のチップは、それを上回る58.96%を占める結果となっています。

iPhone6sにおける内訳は、Samsung製が21.73%、TSMC製が78.27%という結果となり、TSMC製のA9チップがシェアの3/4以上を占めることが明らかになりました。

iPhone6s Plusは、iPhone6sに比べて比較的均等な割合を示す結果となりました。

その内訳は、Samsung製が56.81%、TSMC製が43.19%となり、Samsung製のチップが若干多いことが分かります。

今回のテストは、iPhone6s / 6s Plusに搭載されているA9チップの製造元の割合を明らかにするものであり、2つのチップの性能差を判別するものではありません。

A9チップには、2つのサイズが存在していますが、通常使用時において、サイズの違いによる性能の差はないと『MacRumors』は説明しています。

参照元:MacRumors

-iPhone ニュース, iPhone6s
-, ,

関連記事

【噂】iPhone6sとiPhone7の両方が、時期をずらして2015年に発売される?

『Know Your Mobil』は、AppleがiPhone6sとiPhone7の両方を、時期をずらして年内に発売するのではないかと報じています。 同サイトが入手したレポートによれば、Appleは、 …

iPhone6sの化粧箱に16GBの表記、 エントリーレベルモデルとして16GBモデルは維持される?

Appleは、iPhone6sシリーズのエントリーモデルに、32GBモデルを用意するのではないかと言われていましたが、エントリーレベルモデルの容量は16GBを維持するかもしれません。 また、ミッドレン …

2019年にはApple Pencil対応のiPhoneが登場する?

参照元:THE INVESTOR iPhoneでは現在利用できない「Apple Pencil」ですが、2019年に発売されるであろう新型iPhoneにスタライスペン対応タイプが登場するのではないかと、 …

【噂】Apple、iPhone6c(4インチモデル)を含む3モデルを今年リリースする?

2GBのRAMと、AppleWatchに採用された『Force Touch』機能が搭載されると噂されているiPhone6s/6s Plusですが、今回、iPhone6sに関する新たな噂が伝えられました …

iPhone7には、東芝とSanDiskが開発した3次元NANDフラッシュメモリが搭載される?

Appleは、9月中旬に次世代iPhone(iPhone6s)をリリースすると見られていますが、早くも来年にリリースされるであろうiPhone7についての噂がサプライヤー筋から伝えられています。 今週 …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich