iPhone ニュース iPhone6s

iPhone6s/6s Plus、2種類のA9チップの搭載比率が明らかに

投稿日:2015年9月30日 更新日:

『Chipworks』によるiPhone 6s / 6s Plusの分解検証の結果から、A9チップには、14nmプロセスを使用して開発されたSamsung製のチップと、16nmプロセスを使用して開発されたTSMC製のチップの2種類があることが判明しました。

デバイスサイズによって搭載されるチップが異なるという噂は、以前から伝えられていました。

噂では、iPhone6sには小さなサイズのSamsung製のチップが搭載され、iPhone6s Plusには、TSMC製のチップが搭載されると言われていました。

しかし、新たに報告されたiOSデベロッパーによる最新のデータは、この噂を否定する内容となっています。

デベロッパーのHiraku Wang氏は、iPhoneにSamsung、TSMCどちらのチップを搭載しているかを判別するアプリケーションを作成しています。

そのアプリを使用して約2,500台のiPhone 6s / 6s Plusを測定した結果、搭載されているA9チップは、Samsung製のものよりもTSMC製のものの方が多いことが明らかになりました。

Samsung製のチップは、全体の41.04%、TSMC製のチップは、それを上回る58.96%を占める結果となっています。

iPhone6sにおける内訳は、Samsung製が21.73%、TSMC製が78.27%という結果となり、TSMC製のA9チップがシェアの3/4以上を占めることが明らかになりました。

iPhone6s Plusは、iPhone6sに比べて比較的均等な割合を示す結果となりました。

その内訳は、Samsung製が56.81%、TSMC製が43.19%となり、Samsung製のチップが若干多いことが分かります。

今回のテストは、iPhone6s / 6s Plusに搭載されているA9チップの製造元の割合を明らかにするものであり、2つのチップの性能差を判別するものではありません。

A9チップには、2つのサイズが存在していますが、通常使用時において、サイズの違いによる性能の差はないと『MacRumors』は説明しています。

参照元:MacRumors

-iPhone ニュース, iPhone6s
-, ,

関連記事

Apple、バグ修正を含むアップデートしたiOS9.0.2をリリース

本日、Appleは、複数のバグ修正やパフォーマンス向上を含むマイナーアップデートを行った、iOSの最新バージョン「iOS 9.0.2」をリリースしました。 前回の「iOS 9.0.1」は9月24日にリ …

Brikk、Lux iPhone 6 Diamond Selectを発表

Lux iPhone 6 Diamond Selectは、ダイアモンド最大12.8カラットにより、iPhone6 / 6Plusを豪華に、頑丈に保護することを可能にしています。 1月8日(米国時間)、 …

「iPhone X」用の保護フィルムでFace ID認証できなくなる?

10月27日16時01分より、予約受付が開始された新型のiPhone『iPhone X(アイフォーンテン)』について、MACお宝鑑定団[羅針盤]にて、ディスプレイ保護フィルムの取り扱いについて注意点が …

iPhone 6のプリント基盤がリークされる。NFCと802.11ac対応は確定的?

iPhone 6のマザーボードPCB(プリンテッド・サーキット・ボード)での新たな画像がリークされたと、フランスのWEBサイト『NowWhereElse』が伝えました。 このPCB(プリンテッド・サー …

iPhone7は感圧タッチ式ホームボタン、完全防水・防塵仕様になる?

画像元:Alisson Lara 『I4U NEWS』は、中国からのレポートを元に、Appleは次世代iPhone7の第3テストフェーズを完了したと伝えています。 また、レポートは、以前からの噂である …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich