iPhone ニュース iPhone7

iPhone7、液体排出技術により防水仕様になる?Apple、特許申請で判明

投稿日:

iPhone7、液体排出技術により防水仕様になる?Apple、特許申請で判明

iPhone6sは、バックパネルの周囲にゴム製のガスケットシールを貼るなどの施策により、防水性能が向上しています。

Appleは、デバイスの水没、浸水などのアクシデントに対処するために、耐水性能の向上に興味を示しているようです。

米国特許商標庁に公開されたAppleの特許出願には、「開口部からの液体の放出」を可能にする技術の詳細が記載されています。

その概要としては、表面電荷を変化させることで疎水性を持たせ、スピーカーやマイクの穴から液体を噴出させるというものです。

Appleは現在、侵入する異物や液体を防止するために、デバイスの開口部の上に細かいメッシュのスクリーンを取り付けていますが、水没などで水にさらされた際には液体が侵入する可能性があります。

また、内外気温差と湿度によって結露が発生した場合にも水分がチャンバー内に蓄積する可能性もあります。

音響モジュールの内部に配置されたセンサーは、水分の存在を検出するために使用されます。

この技術は、トーン分析を通して作動するために、オンボードマイクロフォンのような既存の音響センサーに依存しています。

実際に液体が音響モジュールに入ったと判断した場合は、表面電荷は、チャンバー壁の内側を覆う導電性要素に適用されます。

Appleは、これらの導電性素子は、誘電体材料の保護層で覆われている点に注意しています。

最近の噂では、Appleは、防水・防塵機能を搭載した強化された次世代iPhoneを計画していると言われていますが、今回報じられた技術が実際に利用されるかどうかは不明です。

参照元:appleinsider

-iPhone ニュース, iPhone7
-,

関連記事

【噂】iPhone 6sのRAMは「LPDDR4」2GB搭載で、より高速なアクセスが可能になる?

Appleは、次世代iPhone6s(仮称)に、より高速なLPDDR4 DRAMを使用する可能性があると台湾のTechNews(G Gor Gamesを経て)が伝えています。 このRAMモジュールは、 …

iPhone6 4.7インチ・5.5インチモデルのバッテリー容量が判明か?

iPhone 6 5.5インチモデルのバッテリー iPhone 6のバッテリー容量について、新たな情報がリークされました。 iPhone 6のバッテリー容量は、従来のものに比べても大型化されるものと考 …

iPhone6s搭載予定のA9チップは、サムスン、Globalfoundriesが受注の過半数を獲得か

情報筋により、サムスン電子とGlobalfoundriesは、14nm FinFETプロセスとAppleのA9プロセッサの受注を合わせた70%を確保していると台湾メディア『DigiTimes』が伝えて …

アップル豪雨による被災者向け特別修理サービスを提供

アップルが今回の豪雨災害により被害遭われた方に向けた特別修理サービスの実施を発表しました。 このお知らせについて:このページに掲載されている内容は、すべて発表日現在の情報です。予告なしに変更されること …

Apple、Force Touch搭載のiPhone6s / 6s Plusを近く製造開始か?

『Bloomberg』は、AppleがForce Touch機能が搭載された次世代iPhoneの生産を近く開始すると伝えています。 Force Touchは、AppleWatchのディスプレイに採用さ …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich