iPhone ニュース iPhone7

iPhone7、液体排出技術により防水仕様になる?Apple、特許申請で判明

投稿日:

iPhone7、液体排出技術により防水仕様になる?Apple、特許申請で判明

iPhone6sは、バックパネルの周囲にゴム製のガスケットシールを貼るなどの施策により、防水性能が向上しています。

Appleは、デバイスの水没、浸水などのアクシデントに対処するために、耐水性能の向上に興味を示しているようです。

米国特許商標庁に公開されたAppleの特許出願には、「開口部からの液体の放出」を可能にする技術の詳細が記載されています。

その概要としては、表面電荷を変化させることで疎水性を持たせ、スピーカーやマイクの穴から液体を噴出させるというものです。

Appleは現在、侵入する異物や液体を防止するために、デバイスの開口部の上に細かいメッシュのスクリーンを取り付けていますが、水没などで水にさらされた際には液体が侵入する可能性があります。

また、内外気温差と湿度によって結露が発生した場合にも水分がチャンバー内に蓄積する可能性もあります。

音響モジュールの内部に配置されたセンサーは、水分の存在を検出するために使用されます。

この技術は、トーン分析を通して作動するために、オンボードマイクロフォンのような既存の音響センサーに依存しています。

実際に液体が音響モジュールに入ったと判断した場合は、表面電荷は、チャンバー壁の内側を覆う導電性要素に適用されます。

Appleは、これらの導電性素子は、誘電体材料の保護層で覆われている点に注意しています。

最近の噂では、Appleは、防水・防塵機能を搭載した強化された次世代iPhoneを計画していると言われていますが、今回報じられた技術が実際に利用されるかどうかは不明です。

参照元:appleinsider

-iPhone ニュース, iPhone7
-,

関連記事

磁石/金属を使用した付属品は、iPhone 6 Plusのカメラが誤動作する原因に

一部のユーザーから、iPhone 6 Plusのカメラ機能やNFC機能に問題が生じていると『9to5Mac』が報告しています。 磁石やアクセサリーの金属部分をデバイス本体に近づけると機能が損傷・損壊す …

Samsung、iPhone 6sとの直接対決を回避し、Galaxy Note 5を8月中旬に発表か?

『The Wall Street Journal』によれば、Samsungは、9月に開催予定のApple基調講演との競合を避けるために、一ヵ月前倒しとなる8月中旬にGalaxy Note 5を発表する …

iPhone8はSIMロック解除が不要?

参照元:Apple iPhone7までのキャリア契約したiPhoneは格安のSIMカードで使用する場合、SIMロックの解除を行わなければ利用できませんでしたが、総務省のガイドラインが改正された模様。 …

Apple、やはり2018年リリース予定のiPhone8に有機ELディスプレイ採用か?

『ジャパンディスプレイ』は、2018年リリース予定のiPhoneに有機ELディスプレイ(OLED)を供給するべくAppleと交渉していると『日刊工業新聞』は伝えています。 Appleの製品リリースサイ …

【噂】iPhone6sのカメラは、12メガピクセルに上昇するがピクセルサイズは縮小する?

画像元:flickr アメリカの情報調査会社IHSのディレクターであるKevin Wong氏は、中国のマイクロブログサービス『Weibo』上で、「Appleの次世代iPhone(いわゆるiPhone6 …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich