iPhone ニュース iPhoneSE

iPhoneSEに3Dtouch技術が採用されなかったのはなぜ?

投稿日:2016年3月25日 更新日:

iPhoneSEに3Dtouch技術が採用されなかったのはなぜ?

画像元:flickr

Appleは、価格を大きく引き下げた4インチモデルiPhoneSEのリリースを発表しました。

iPhoneSEのデザインは、サイズ・重量ともにiPhone5sとほぼ同じですが、性能面では最新のA9チップ、M9コプロセッサ、静止画12メガピクセルiSightカメラを搭載し、4K動画撮影を可能にするなどiPhone6sと同等の高機能モデルとなっています。

カラーラインアップは、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色展開で、側面のエッジ部分は5sのような光沢処理ではなくマットで落ち着いた質感に仕上がっています。

そのため、iPhone SEは、現行フラグシップモデルiPhone6sと旧ローエンドモデルiPhone5sの中間に位置付けられるミドルレンジモデルであるといえます。

iPhoneSEは、性能面でiPhone6sとほぼ同等と言えますが、Appleの新技術「3D Touch」や第2世代「Touch ID」を搭載していません。

3D Touchとは

昨年、iPhone6sに導入された「3D Touch」は、AppleWatchに採用された「Force Touch」技術をグレードアップしたもので、静電容量を感知する容量性センサーをディスプレイのバックライトに組み込むことで圧力の微妙な変化を測定します。

この測定データは、ユーザーが画面上をどれだけ強く押しているのかを判別するために、iPhoneの加速度センサーとタッチセンサーからの情報が組み合わされています。

ソフトウェア側では、iOSは「peek」と「pop」というコンテンツプレビュー、クイックアクションなどのような便利なジェスチャーに3Dタッチデータを変換します。

現時点では、iPhone6s / 6s Plusが「3D Touch」技術を採用している唯一のデバイスです。

iPhone5sの仕様を引き継ぐため「3D Touch」は非搭載か

iPhone SEに「3D Touch」技術が採用されなかった理由は、コンポーネントのサイズ調整や構造変更などに要するコストがネックになったと考えられています。

「3D Touch」は、4.7インチおよび5.5インチモデルiPhoneのために特別に作られています。

そのため、まったく新しいフォームファクターのために実用化することは困難だったことが予想されます。

また、iPhone 6s/6s Plusは、「3D Touch」技術を搭載することで、iPhone 6/6 Plusに比べて0.2mm程度厚みが増しました。

iPhoneSEに「3D Touch」を搭載するということは、iPhone 5sの筐体を再設計する必要があり、iPhone 6s/6s Plusと同様に厚みが0.2mm程度増加することを意味します。

それに伴い生産ラインを一新させるコストを追加する必要があるため、AppleにとってiPhoneSEに「3D Touch」を採用することは非常に難しい選択だったと推察出来ます。

参照元:appleinsider

-iPhone ニュース, iPhoneSE
-, ,

関連記事

「iPhone 6」5.5インチモデルはiWatchと同時に12月にリリースされる?

GforGamesは、Appleのサプライチェーンの情報筋による話として、中国版TwitterのWeiboに新たな情報が掲載されたことを伝えました。 その伝えるところによると、4.7インチモデルは、9 …

いよいよiPhoneXRが販売開始!本日開店のApple渋谷に1000人越えの長蛇の列!

本日ついに!Appleストアをはじめ、ソフトバンク、au、docomo、家電量販店などで、一斉に最新型『iPhone XR』の発売が開始されました! 特に11か月ぶりにリニューアルオープンとなった「A …

iPhone6 4.7インチ・5.5インチモデルのバッテリー容量が判明か?

iPhone 6 5.5インチモデルのバッテリー iPhone 6のバッテリー容量について、新たな情報がリークされました。 iPhone 6のバッテリー容量は、従来のものに比べても大型化されるものと考 …

急速な円安が影響、『iPhone6』1万円以上値上がりへ

アップルオンラインストアのiPhone 6とiPhone 6 Plus(SIMフリー版)の販売価格が値上がりしました。 この値上がりの原因は、ここ数週間で、為替が急速に円安に動いたことが影響したものと …

Apple、iPhone6sの初期発注台数は8,500~9000万台か? 販売台数記録更新を狙う

米『Wall Street Journal』によると、Appleは、年末までに8,500~9000万台の次世代iPhoneシリーズを、サプライヤーに対して組み立てるよう発注している模様です。 昨年、A …

iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich