iPhone ニュース

【米 WSJ報道】iPhone 6を史上最大規模の発注

投稿日:2014年7月23日 更新日:

ウォール・ストリート・ジャーナルは、アップルは次期iPhone6の4.7インチと5.5インチモデルの量産をサプライヤーに指示したと報じています。

想定される発注数量は、両モデル合わせて7,000~8,000万台と言われており、昨年リリースされたiPhone5sとiPhone5cの初期製造数である5,000~6,000万台を上回る見込みであると伝えています。

気になるその次期については、4.7インチモデルが8月から5.5インチモデルが9月からそれぞれ量産体制に入るとしています。

さらに、リリース時の注文が多かった場合、今年末までに最大で1億2,000万台分のパーツやコンポーネントを準備するようサプライヤーに対して依頼しているとも伝えています。

iPhone 6は、今までよりも画面が大型化することが予想され、フロントガラスにサファイアガラスを採用するとも言われています。そのため、以前からタッチ機能をLCDパネル自体に実装したインセルタッチ技術を採用したコンポーネントの生産の歩留まり(不良品でない製品の割合)が高いといわれています。

今までも新型iPhoneが発売される際は、常に史上最大規模とアピールしていましたが、今回のiPhone 6も史上最大規模の生産準備に入っているところを見ると、その勢いは止まらないようです。

事実、米アップルは、4~6月期の売上高としては過去最高となり、2四半期連続の増収増益となったことを22日に発表しています。

中でもアイフォーンの販売台数は、13%増の3520万台と好調だったこともあり、今回の最大規模の発注は、次期iPhone 6も大ヒットするものと予測したものと考えられ、その強気な姿勢が見て取れます。

-iPhone ニュース
-

関連記事

iPhone6sのボディーフレーム写真が流出! 内部構造に多くの変更点を確認。

画像元:9to5Mac 『9to5Mac』は、次世代iPhone(iPhone6s)と思われるボディーフレームの写真を紹介しています。 この流出したボディフレーム写真は、Appleのサプライチェーンに …

新たなチップテストの結果は、Appleの主張を裏付ける内容に

先週、Appleは、iPhone6s/6s Plusに搭載されているTSMC製、Samsung製のA9チップの性能差が2~3%であることを主張しましたが、今週、その内容を裏付けるバッテリーテストの結果 …

「Face ID」を搭載したiPhoneXでAppleは2年半先を行く!

参照元:Apple EVENTS ホームボタンが廃止され、顔認識でロック解除をする「Face ID」を新たに搭載し、Apple初となる5.8インチのフルディスプレイを採用した『iPhone X』 Ap …

iPhone修理に非正規業者を利用してもAppleの補償が受けられる?

画像元:PAKUTASO Appleの保証サービスである、1年限定保障やApple Care+などの正規保障サービスを利用する場合、Appleから認証を受けていない非正規修理店などで修理をしてしまうと …

iPhone7は感圧タッチ式ホームボタン、完全防水・防塵仕様になる?

画像元:Alisson Lara 『I4U NEWS』は、中国からのレポートを元に、Appleは次世代iPhone7の第3テストフェーズを完了したと伝えています。 また、レポートは、以前からの噂である …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich