iPhone予約購入ガイド【最新情報】

最新iPhoneの発売日や予約状況、最新機能から特徴などiPhoneに関する最新ニュースを発信中!

iPhone ニュース

【米 WSJ報道】iPhone 6を史上最大規模の発注

投稿日:2014年7月23日 更新日:

ウォール・ストリート・ジャーナルは、アップルは次期iPhone6の4.7インチと5.5インチモデルの量産をサプライヤーに指示したと報じています。

想定される発注数量は、両モデル合わせて7,000~8,000万台と言われており、昨年リリースされたiPhone5sとiPhone5cの初期製造数である5,000~6,000万台を上回る見込みであると伝えています。

気になるその次期については、4.7インチモデルが8月から5.5インチモデルが9月からそれぞれ量産体制に入るとしています。

さらに、リリース時の注文が多かった場合、今年末までに最大で1億2,000万台分のパーツやコンポーネントを準備するようサプライヤーに対して依頼しているとも伝えています。

iPhone 6は、今までよりも画面が大型化することが予想され、フロントガラスにサファイアガラスを採用するとも言われています。そのため、以前からタッチ機能をLCDパネル自体に実装したインセルタッチ技術を採用したコンポーネントの生産の歩留まり(不良品でない製品の割合)が高いといわれています。

今までも新型iPhoneが発売される際は、常に史上最大規模とアピールしていましたが、今回のiPhone 6も史上最大規模の生産準備に入っているところを見ると、その勢いは止まらないようです。

事実、米アップルは、4~6月期の売上高としては過去最高となり、2四半期連続の増収増益となったことを22日に発表しています。

中でもアイフォーンの販売台数は、13%増の3520万台と好調だったこともあり、今回の最大規模の発注は、次期iPhone 6も大ヒットするものと予測したものと考えられ、その強気な姿勢が見て取れます。

-iPhone ニュース
-

関連記事

Appleの次期iPhone 6は、128GBのストレージモデルが発売される?

大量のデータをiPhone上で保存しているユーザーにとって、このニュースは朗報かもしれません。 9to5Macは、GeekbarのWeiboアカウント上でリークされた回路図は、Appleが、NANDフ …

iPhone6sには、より薄型で小型化されたLEDバックライトチップが使用される?

『DigTimes』による新たなレポートによると、次期iPhone(iPhone6s)は、より小型化されたLEDバックライトチップを利用することにより、これまで以上にスリム化と軽量化が図られるようです …

Appleサイトで『iPhone X』の各店舗ごとの在庫状況が確認できる!?

満を持して11月3日より発売となりました『iPhone X(アイフォーンテン)』をオンラインストアで予約し、配送での受け取りを希望される方においては、当初の予定から4~5週間に短縮になると発表があり、 …

no image

iPhone6は「2.5次元ガラス」 採用か?

Bloombergの報道では、アップルのサプライヤー筋が4.7と5.5インチ、2サイズの次期iPhoneの生産を7月から開始するとの証言をしているそうです。 さらに、次期iPhoneには「2.5次元ガ …

開発者ログに、iPhone6cに関する形跡なし。今年のリリースは見送られる可能性が濃厚

米国でスマートフォン向けアプリプロモーションプラットフォームを展開する「Fiksu」は、今年、iPhone6cがリリースされる可能性を否定しています。 先月、「Fiksu」は、約150台のiPhone …

iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入