iPhone ニュース iPhone7

iPhone7には、東芝とSanDiskが開発した3次元NANDフラッシュメモリが搭載される?

投稿日:

iPhone7には、東芝とSanDiskが開発した3次元NANDフラッシュメモリが搭載される?

Appleは、9月中旬に次世代iPhone(iPhone6s)をリリースすると見られていますが、早くも来年にリリースされるであろうiPhone7についての噂がサプライヤー筋から伝えられています。

今週、東芝と米SanDiskは、それぞれ48層積層プロセスを使用した256Gビット(32GB)の3ビット/セル3次元NANDフラッシュメモリを開発したこと発表しました。

新製品は、従来の2次元NANDフラッシュメモリに比べて、書き込み・消去の耐久性向上や書き込み速度の高速化、エネルギー効率の改善などが図られています。

15nmプロセス技術に基づいて構築された256Gビット3次元NANDフラッシュメモリは、現在使用可能な最密メモリの2倍の性能を持つようです。

新しいメモリ製品は、スマートフォン、タブレット、メモリカード、SSD、その他のデバイスで使用されることが予想されます。

同時に東芝は、256Gbitの3Dフラッシュメモリ「BiCS FLASH」の生産を発表しました。

iPhone 6のフラッシュメモリ、メインサプライヤーは東芝とSanDisk

東芝とSanDisk、そしてSK Hynixは、iPhone 6の主要なフラッシュメモリ供給メーカーでした。

東芝のプレスリリースは、新製品の潜在的なクライアントについて言及していませんが、東芝とAppleの需給関係が将来的にも成立している場合は、iPhone7に3次元NANDフラッシュメモリが搭載されることになるかもしれません。

東芝は、9月に「BiCS FLASH」のサンプル出荷を開始すると伝えています。

また、東芝の四日市工場の第5棟で製造を開始し、2016年前半に竣工予定の四日市工場新・第2製造棟でも生産を行う予定です。

参照元:BGR

-iPhone ニュース, iPhone7
-, ,

関連記事

ペガトロン社、高い需要を満たすためにiPhone 6 Plus増産へ

Appleの協力企業であるペガトロン社は、高い人気を誇るiPhone 6の供給量向上に向けて、その生産能力を高めていると、Nikkeiが報じています。 地元記者によると、ペガトロン社がiPhone 6 …

no image

「iPhone 6」発売目前か?お盆返上で国内液晶・電子部品メーカーが増産体制!

今年9月に発売されると言われている新型iPhoneの液晶パネルや半導体を生産する、電子部品メーカーがお盆休みを返上して増産態勢に入ったようです。 以前にも、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が …

iPhone8はSIMロック解除が不要?

参照元:Apple iPhone7までのキャリア契約したiPhoneは格安のSIMカードで使用する場合、SIMロックの解除を行わなければ利用できませんでしたが、総務省のガイドラインが改正された模様。 …

最新iPhone XRの解体動画

10月26日より販売が開始された最新機種『iPhone XR』を入手したiFixitが早速iPhone XRを解体したレポートを動画でUPしています。 iPhone XRには初めて『モジュラーSIMカ …

AppleWatchの供給元は、LG有機ELディスプレイ。iPhone6sは、16GBが廃止され32GBがベースモデルに?

新たな情報により、Appleは、2015年iPhoneフラッグシップモデルに32GBストレージを提供することを示唆しています。 また、次期iPhoneの大規模生産を前に、Apple初のスマートウォッチ …

iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich