iPhone予約購入ガイド【最新情報】

最新iPhoneの発売日や予約状況、最新機能から特徴などiPhoneに関する最新ニュースを発信中!

iPhone ニュース iPhone7

iPhone7には、東芝とSanDiskが開発した3次元NANDフラッシュメモリが搭載される?

投稿日:

iPhone7には、東芝とSanDiskが開発した3次元NANDフラッシュメモリが搭載される?

Appleは、9月中旬に次世代iPhone(iPhone6s)をリリースすると見られていますが、早くも来年にリリースされるであろうiPhone7についての噂がサプライヤー筋から伝えられています。

今週、東芝と米SanDiskは、それぞれ48層積層プロセスを使用した256Gビット(32GB)の3ビット/セル3次元NANDフラッシュメモリを開発したこと発表しました。

新製品は、従来の2次元NANDフラッシュメモリに比べて、書き込み・消去の耐久性向上や書き込み速度の高速化、エネルギー効率の改善などが図られています。

15nmプロセス技術に基づいて構築された256Gビット3次元NANDフラッシュメモリは、現在使用可能な最密メモリの2倍の性能を持つようです。

新しいメモリ製品は、スマートフォン、タブレット、メモリカード、SSD、その他のデバイスで使用されることが予想されます。

同時に東芝は、256Gbitの3Dフラッシュメモリ「BiCS FLASH」の生産を発表しました。

iPhone 6のフラッシュメモリ、メインサプライヤーは東芝とSanDisk

東芝とSanDisk、そしてSK Hynixは、iPhone 6の主要なフラッシュメモリ供給メーカーでした。

東芝のプレスリリースは、新製品の潜在的なクライアントについて言及していませんが、東芝とAppleの需給関係が将来的にも成立している場合は、iPhone7に3次元NANDフラッシュメモリが搭載されることになるかもしれません。

東芝は、9月に「BiCS FLASH」のサンプル出荷を開始すると伝えています。

また、東芝の四日市工場の第5棟で製造を開始し、2016年前半に竣工予定の四日市工場新・第2製造棟でも生産を行う予定です。

参照元:BGR

-iPhone ニュース, iPhone7
-, ,

関連記事

Apple、2015年第2四半期決算 – アナリストによる予想

KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleは、第2四半期(2015年1月〜3月)にiPhoneを5,820万台、iPadを1,010万台、Macを450万台出荷したと報告しています …

iPhone XS/XS Max/XRの3機種のみ、最大5時間までは予備電力で改札通過OK!

Appleから発売&発表された3種類の新機種「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」には、万が一iPhone本体の充電が切れた場合でも、自動的に予備電力に切り替わり、 …

次期iPhone6の実機画像?がFoxconnから流出

本当のiPhone 6? KitGuruによると、Foxconnの工場現場から、次期iPhone 6の写真が流出したと伝えています。 KitGuruは、正式発表前のiPhone 5の画像を入手し、公開 …

A7チップ世代でもiOS12にアップデートできる!

iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRの3機種には『ios12』が搭載されていますが、「iOS11対応端末であればA7チップ搭載機種であってもiOS12にアップデート …

iPhone6c、設計はiPhone5cと類似!?ケースの流用も可能?

果たしてAppleは、年内に4インチモデルとなるiPhone6cをリリースするのでしょうか? 新しいレポートは、iPhone6cは、2013年にリリースされたiPhone5cとサイズが類似していると伝 …

iPhone 12 Pro/ProMax 新機能・スペックまとめ
iPhone 12 mini 新機能・スペックまとめ
iPhone 12 新機能・スペックまとめ
iPhone SE 2nd 新機能・スペックまとめ
iPhone 11 Pro&ProMax 新機能・スペックまとめ
iPhone 11 新機能・スペックまとめ
iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入