iPhone ニュース iPhone7

iPhone7には、東芝とSanDiskが開発した3次元NANDフラッシュメモリが搭載される?

投稿日:

iPhone7には、東芝とSanDiskが開発した3次元NANDフラッシュメモリが搭載される?

Appleは、9月中旬に次世代iPhone(iPhone6s)をリリースすると見られていますが、早くも来年にリリースされるであろうiPhone7についての噂がサプライヤー筋から伝えられています。

今週、東芝と米SanDiskは、それぞれ48層積層プロセスを使用した256Gビット(32GB)の3ビット/セル3次元NANDフラッシュメモリを開発したこと発表しました。

新製品は、従来の2次元NANDフラッシュメモリに比べて、書き込み・消去の耐久性向上や書き込み速度の高速化、エネルギー効率の改善などが図られています。

15nmプロセス技術に基づいて構築された256Gビット3次元NANDフラッシュメモリは、現在使用可能な最密メモリの2倍の性能を持つようです。

新しいメモリ製品は、スマートフォン、タブレット、メモリカード、SSD、その他のデバイスで使用されることが予想されます。

同時に東芝は、256Gbitの3Dフラッシュメモリ「BiCS FLASH」の生産を発表しました。

iPhone 6のフラッシュメモリ、メインサプライヤーは東芝とSanDisk

東芝とSanDisk、そしてSK Hynixは、iPhone 6の主要なフラッシュメモリ供給メーカーでした。

東芝のプレスリリースは、新製品の潜在的なクライアントについて言及していませんが、東芝とAppleの需給関係が将来的にも成立している場合は、iPhone7に3次元NANDフラッシュメモリが搭載されることになるかもしれません。

東芝は、9月に「BiCS FLASH」のサンプル出荷を開始すると伝えています。

また、東芝の四日市工場の第5棟で製造を開始し、2016年前半に竣工予定の四日市工場新・第2製造棟でも生産を行う予定です。

参照元:BGR

-iPhone ニュース, iPhone7
-, ,

関連記事

【噂】Apple、iPhone6sの発表メディアイベントは8月に開催予定か? アナリスト予想

画像元:Wikipedia Appleの製品計画予測で多くの実績を持つ、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、9月にリリースすることが予想されるAppleの新世代iPhoneの発表を、8 …

iPhone 6s、M9コプロセッサ搭載で いつでも「Siri」を起動可能に

iPhone6s / 6s Plusに搭載されるA9チップには、新しいM9モーションコプロセッサが内臓されていますが、モーションコプロセッサは、加速度センサーや電子コンパスなどの処理を行うチップです。 …

iPhone6s、防水性能の向上は、ガスケットシールによるものと判明

画像元:ifixit 先日、一部のユーザーにより、iPhone6sの防水テスト動画が公開され、iPhone6sは、iPhone6に比べて防水性能が向上していることが明らかになりました。 iFixitは …

Apple、チップ開発・生産拠点をイスラエルに?今後、単独生産もあり得るか?

Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は、イスラエルの北テルアビブにある同社の新オフィスの開所式に出席したことを、『The Wall Street Journal』が報じています。 A …

電源の入った「iPhone X」のダイナミック壁紙ムービー?

参照元:Reddit 10月27日予約開始、11月3日に発売となる『iPhone X』の電源が入った動画が流出しています。その流出ムービーを確認すると本体を傾けることで背景画像が動く「ダイナミック壁紙 …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich