iPhone ニュース iPhone6s 基礎知識

iPhone6sに搭載される3D Touchってどんな機能なの?

投稿日:2015年9月10日 更新日:

iPhone6sに搭載される3D Touchってどんな機能なの?

画像元:cnet

本日、Appleは、スペシャルイベントにおいてiPhone6sに搭載される新機能「3D Touch」を発表しました。

「3D Touch」は、AppleWatchに搭載されている「Force Touch」とよく似た感圧タッチ機能ですが、Appleは画期的な新しいテクノジーであると説明しています。

iPhone 6sシリーズはTaptic Engineを搭載しているため、プレス操作に対してTaptic Engineが振動し、ユーザーはボタンを押しているような確かな操作感覚を得ることが出来ます。

新ジェスチャーPeekとPop

「3D Touch」では、従来のMulti-Touchジェスチャーであるタップ、スワイプ、ピンチに加えて、新たなジェスチャーPeekとPopが登場します。

Peek – 軽くプレスすると、すばやく効率的に受信ボックスのEメールなどをチェック出来るようになります。Peekで内容が十分に分かる場合は、プレスをやめると開いていた受信ボックスに戻ります。

Pop – 少し深めにプレスすると、受信ボックスからEメールをタップするのと同様に、本文が開いて全文を確認することが出来るようになります。

「3D Touch」は、メール画面だけはでなく、iOS 9のあらゆる場所で直感的に使うことができる今までに無い画期的な機能となるようです。

詳しくは『cnet』が公開した動画で、「3D Touch」の動作を確認することが出来ます。

3D Touchの内部構造

Taptic Engine

iPhone 6sのディスプレイを押すと、カバーガラスとバックライトの間の顕微鏡レベルの微細な距離の変化を容量性センサーが瞬時に測定します。

つまり、指で押し込む圧力を、どれだけスクリーンが歪むかで軽いプレスか深いプレスかを識別しているようです。

Taptic Engine

Taptic Engine

「Taptic Engine」はAppleWatchにも搭載されているリニアアクチュエータです。

iPhone 6sは微かなタップでも反応を返してくるので、ディスプレイに加えている圧力を感知していることが指先で分かります。

プレスに反応してブルっと震えるようになるなど、触感を返すような効果をもたらします。

参照元:cnet

-iPhone ニュース, iPhone6s, 基礎知識
-, ,

関連記事

【噂】iPhone6s、2GBのRAM、A9チップ搭載で6月に量産開始か!?

中国のブログコミュニティーは、iPhone6sに関する噂で持ちきりのようです。それらの噂によれば、次期iPhoneは、2GBのRAM LPDDR4と、A9プロセッサを搭載され、圧力が感知が可能となる『 …

iPhone6sのディスプレイにForce Touchの存在を示す動画が公開される

9月中旬に発売されると予想される次世代iPhone(iPhone 6s)ですが、先月末以来、iPhone6sの部品に関するリーク情報が立て続けに届いています。 そして、今回はiPhone 6とiPho …

画面サイズの◯◯インチとは?

7月14日にiPhone 6 5.5インチモデルの発売延期についてレポートされましたが、そもそもiPhoneなどスマホのインチとは、どの部分の長さを測定したものなのでしょうか? 画面サイズのインチとは …

iPhone 6は3色展開?SIMトレイパーツが流出

今秋発売されると言われている、iPhone 6のSIMトレイに関する画像が、海外ニュースサイトのletemsvetemapplemに掲載されました。 今回、掲載された画像で注目すべきは、3色のSIMト …

iPhone6の売り上げは、iPhone6 Plusより3倍多いことが判明

最新調査により、米国でのiPhone6の売り上げは、iPhone6 Plusに比べて3倍であることが判明しました。 この結果から、多くの消費者は、より小さく、より低価格なモデルを求めたことが見て取れま …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich