iPhone ニュース

iPhone6 / 6 Plus SIMフリー版、未だ販売中止状態

投稿日:2014年12月12日 更新日:

iPhone6 / 6 Plus SIMフリー版、未だ販売中止状態

現在、日本国内におけるアップルストアでのiPhone 6 / Plus SIMフリーモデルの販売が中止されている状態です。

Appleからは、未だに公式な説明が無いため、販売中止の原因や販売再開の目処に関する具体的な内容は明らかになっていません。

SIMフリー版のiPhone 6 / 6 Plusの国内販売が突如中止されたのは、2014年12月9日でしたが、9月19日の発売開始から、約3ヶ月での販売停止になったことになります。

現在は、国内のアップルストア、同社のオンラインストアである『Apple Online Store』でも注文不可能な状態となっています。

販売中止の理由は、円安が原因か?

iPhone 6 / 6 Plus SIMフリー版の販売中止は、10月31日の日銀による金融緩和策により、急速に円安に動いたことが影響していると考えるのが大方の予想です。

場合によっては、SIMフリー版の利潤が円安の影響で縮小したため、今後の販売価格値上げを予定しての中止であると見る向きもあります。

実際にAppleは、これまでも為替レートに応じて製品価格を改定しています。

直近では、iPhone 6 / 6 Plus SIMフリー版は、11月にも円安による値上げがあったばかりです。

しかし、いずれにしても推測にすぎないため、Appleによる説明の発表が待たれます。

今回、突如販売が停止されたのは、日本国内で販売するSIMロックフリー版のみですが、クリスマスが近づき、プレゼント商戦が佳境を迎えようとする中、高い需要を維持するiPhone 6 / 6 Plusのいち早い販売再開が期待されます。

-iPhone ニュース
-, , ,

関連記事

【噂】iPhone6s、7000シリーズアルミニウムを採用か? アナリストによるレポートで判明

画像元:flickr – Paul Hudson KGI証券のMing-Chi Kuo氏は、次世代iPhone(iPhone6s)の筐体は『Apple Watch SPORT』で使用される …

iPhone6sには、より薄型で小型化されたLEDバックライトチップが使用される?

『DigTimes』による新たなレポートによると、次期iPhone(iPhone6s)は、より小型化されたLEDバックライトチップを利用することにより、これまで以上にスリム化と軽量化が図られるようです …

iPhone6s、発表イベント(9月9日)の開催地はビル・グラハム シビック オーディトリウム

画像元:Wikipedia サンフランシスコのウェブサイト『Hoodline』によると、Appleは、サンフランシスコ市内のビル・グラハム市民講堂(スティーブス・ジョブスとウォズニアックがApple …

Apple、2015年第3四半期の業績を発表。売上高496億ドル、iPhone販売台数は4750万台

7月21日(米国時間)、Appleは、2015年第3四半期(4~6月)の業績を発表しました。 Appleは、売上高496億ドル、純利益107億ドル、1株当たり利益(EPS)1.85ドルの純四半期ごとの …

Apple、2015年にiPhone6c(4インチモデル)をリリースする計画は白紙か?アナリストが伝える

画像元:SET Solution 昨年12月以来、Appleは、2015年後半にiPhone 6s / 6s Plusと並んで、低コストのエントリーモデルとしてiPhone 6c(4インチモデル)をリ …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich