iPhone予約購入ガイド【最新情報】

最新iPhoneの発売日や予約状況、最新機能から特徴などiPhoneに関する最新ニュースを発信中!

iPhone ニュース

磁石/金属を使用した付属品は、iPhone 6 Plusのカメラが誤動作する原因に

投稿日:2014年12月18日 更新日:

磁石/金属を使用した付属品は、iPhone 6 Plusのカメラが誤動作する原因に

一部のユーザーから、iPhone 6 Plusのカメラ機能やNFC機能に問題が生じていると『9to5Mac』が報告しています。

磁石やアクセサリーの金属部分をデバイス本体に近づけると機能が損傷・損壊する可能性があります。

Appleが、更新したサポート文書には、磁気レンズアタッチメントや金属製ケースなどの付属品の使用を避けるように、ユーザーに警告しています。

AppleのMFiライセンスプログラムに詳しい情報筋によると、iPhone6 Plusの光学式手ブレ補正の問題に起因する金属部品や磁石を使用しないようにと、付属品メーカーに通達を開始しているようです。

※MFiライセンスとは、Appleが定める性能基準を満たしているとAppleが認証した機器にのみ、iPhone・iPad・iPodなどのApple製品向けに作られた製品の印である「MFi」ロゴを認証取得することが出来た商品のこと。

また、iPhone 6 / 6 Plusに搭載されているNFCも、磁気干渉によりパフォーマンス低下の問題を引き起こす可能性があるため、Appleは、付属品周辺に磁気や金属の使用を避けるように、MFiプログラムを通じてメーカーへ警告を行っているようです。

Appleは、以前にもiPhone内の磁気コンパスに影響を及ぼす可能性があるため、磁石や金属の使用を避けるようにと付属品メーカーに向けて警告を行っています。

画面の揺れ、ぼやけてピントが合わないなどの誤動作

実際にiPhone 6 Plusに磁石付カメラを装着することでどのような誤動作が起きるのか、以下の動画で解説しています。

この問題を回避する最善の方法は、磁石を使用した付属品の購入・使用を避けることです。磁石による悪影響は、NFC機能にも見られるようです。

また、これを受けていくつかの付属品メーカーは、干渉の可能性をユーザーに警告しているようです。

参照元:9to5Mac

-iPhone ニュース
-, ,

関連記事

【噂】iPhone 6sのRAMは「LPDDR4」2GB搭載で、より高速なアクセスが可能になる?

Appleは、次世代iPhone6s(仮称)に、より高速なLPDDR4 DRAMを使用する可能性があると台湾のTechNews(G Gor Gamesを経て)が伝えています。 このRAMモジュールは、 …

iPhone6sは、LTEの速度倍増を実現するQualcomm製 LTEモデムチップ「MDM9635M」を搭載か?

画像元:9to5Mac 昨日、『9to5Mac』は、流出したiPhone6sのボディーフレーム写真を報じましたが、本日、新たにiPhone6sのプロトタイプのものと思われるロジックボードの写真を公開し …

iPhone 12 Pro&ProMax 新機能・スペックまとめ

このページでは、日本時間2020年10月14日午前2時に発売された、『iPhone 12 Pro』『iPhone 12 ProMax』の新機能やスペックについてまとめています。 iPhone 12 P …

TSMC、iPhone7に搭載予定の10nmプロセッサの生産テストを6月から開始か?

噂によると、Appleのチップ製造パートナーであるTMSC(台湾半導体製造有限公司)は、今年6月に10nmサイズプロセッサの生産テストをするための準備を進めているようです。 台湾のニュースサイト『UD …

台湾サプライヤー『Catcher』iPhone6sのシェル供給により、8月の売上高増大

画像元:Unbox Therapy 『DigiTimes』のレポートにより、台湾のシャーシメーカー『Catcher Technology』の8月の売上高は、7月に比べて15.2%増加、前年同期比では4 …

iPhone 12 Pro/ProMax 新機能・スペックまとめ
iPhone 12 mini 新機能・スペックまとめ
iPhone 12 新機能・スペックまとめ
iPhone SE 2nd 新機能・スペックまとめ
iPhone 11 Pro&ProMax 新機能・スペックまとめ
iPhone 11 新機能・スペックまとめ
iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入