iPhone ニュース

磁石/金属を使用した付属品は、iPhone 6 Plusのカメラが誤動作する原因に

投稿日:2014年12月18日 更新日:

磁石/金属を使用した付属品は、iPhone 6 Plusのカメラが誤動作する原因に

一部のユーザーから、iPhone 6 Plusのカメラ機能やNFC機能に問題が生じていると『9to5Mac』が報告しています。

磁石やアクセサリーの金属部分をデバイス本体に近づけると機能が損傷・損壊する可能性があります。

Appleが、更新したサポート文書には、磁気レンズアタッチメントや金属製ケースなどの付属品の使用を避けるように、ユーザーに警告しています。

AppleのMFiライセンスプログラムに詳しい情報筋によると、iPhone6 Plusの光学式手ブレ補正の問題に起因する金属部品や磁石を使用しないようにと、付属品メーカーに通達を開始しているようです。

※MFiライセンスとは、Appleが定める性能基準を満たしているとAppleが認証した機器にのみ、iPhone・iPad・iPodなどのApple製品向けに作られた製品の印である「MFi」ロゴを認証取得することが出来た商品のこと。

また、iPhone 6 / 6 Plusに搭載されているNFCも、磁気干渉によりパフォーマンス低下の問題を引き起こす可能性があるため、Appleは、付属品周辺に磁気や金属の使用を避けるように、MFiプログラムを通じてメーカーへ警告を行っているようです。

Appleは、以前にもiPhone内の磁気コンパスに影響を及ぼす可能性があるため、磁石や金属の使用を避けるようにと付属品メーカーに向けて警告を行っています。

画面の揺れ、ぼやけてピントが合わないなどの誤動作

実際にiPhone 6 Plusに磁石付カメラを装着することでどのような誤動作が起きるのか、以下の動画で解説しています。

この問題を回避する最善の方法は、磁石を使用した付属品の購入・使用を避けることです。磁石による悪影響は、NFC機能にも見られるようです。

また、これを受けていくつかの付属品メーカーは、干渉の可能性をユーザーに警告しているようです。

参照元:9to5Mac

-iPhone ニュース
-, ,

関連記事

iPhone6s、フロントカメラは500万画素に!?大幅な性能向上で自撮り機能も強化!

新たにKGI証券が投資家向けに残したメモによれば、iPhone6sのフロントカメラは、5メガピクセル(500万画素)にまでアップグレードされるようです。 「リアカメラモジュールは12メガピクセルにアッ …

iPhone7のカラー版CADイメージ画像流出!?

引用元@PhoneArena 今秋リリース予定のiPhone7のカラー版CADイメージ画像がリークされました! 見れば見るほどAppleの公式サイトで発表されたのではないかと思えるほど、リアルなカラー …

iPhone7に搭載されるバッテリー容量は7.04Wh。リーク画像で判明

次世代iPhone7に搭載されるとみられるバッテリーのリーク写真が中国のサイト『Digi.tech.qq.com』によって公開されました。 リーク写真から確認できるバッテリー容量は7.04Whです。 …

SIMフリー版iPhone 6 / 6 Plus 大手3キャリアとも問題なく使える模様

画像元:flickr.com – Kārlis Dambrāns 2014年9月19日午前8時にiPhone 6、iPhone 6 Plusは発売されました。 Apple Storeで販売 …

iPhone6sのボディーフレーム写真が流出! 内部構造に多くの変更点を確認。

画像元:9to5Mac 『9to5Mac』は、次世代iPhone(iPhone6s)と思われるボディーフレームの写真を紹介しています。 この流出したボディフレーム写真は、Appleのサプライチェーンに …

iPhone 11 Pro&ProMax 新機能・スペックまとめ
iPhone 11 新機能・スペックまとめ
iPhone XRの機能&スペックまとめ
iPhone XSの機能&スペックまとめ
iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
iPhone6の機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入