iPhone ニュース

新型iPhone6 フロントガラスはサファイアガラスを採用?

投稿日:2014年7月8日 更新日:

サファイアガラス 強度

以前から、「フロントガラスにサファイアガラスを採用するのでは?」という噂がありましたが、その当時はまだコスト面がネックのため採用は見送られたと言われていました。

しかし、その後Appleは、GT Advanced Technologiesと契約し、アリゾナにサファイアガラスの工場を建設したという経緯もあり、本格的にサファイアグラスの採用に動いていたようです。

また、Appleは、サファイアを金属に接着する技術の特許も既に保有しています。

ただし、この出願された特許を見る限りでは、サファイアガラスは他のガラスと合わせてラミネート加工として使用されると考えられます。そのため、現在使用されているゴリラガラスと併用して使われることが予想されます。

9 to 5 Macによると、「iPhone 6」の4.7インチモデルのものとされるフロントガラスをナイフで引っ掻いたり、強く曲げたりする耐久テストの映像が新たに公開されました。

この映像を見ればお分かりのことと思いますが、ナイフや鍵で引っ掻いても傷が付かず、強引に曲げても全然ビクともしない強度となっており、テストを実施したMarques Brownleeも何らかの機械を用いないと傷を付ける事が出来ないだろうと結論づけています。

一見すると何の変哲もない普通のガラスに見えますが、実際は凄い耐久性と頑強さを持つ優れたガラスであることが分かります。

iPhone6へのサファイアガラス採用については、上位モデルとなる5.5インチモデルのみになるという噂もありましたが、サファイアガラス層で通常のガラスを包む技術の特許を既に取得し、大量生産に成功しているとすれば、両モデルでサファイアガラスが採用される可能性が現実味を帯びてきました。

サファイアガラスの採用により、iPhone6では、画面のキズや、落として割れるというトラブルから解放されるかもしれませんね。

-iPhone ニュース
-,

関連記事

iPhone6sには、より薄型で小型化されたLEDバックライトチップが使用される?

『DigTimes』による新たなレポートによると、次期iPhone(iPhone6s)は、より小型化されたLEDバックライトチップを利用することにより、これまで以上にスリム化と軽量化が図られるようです …

Apple CEO Tim Cook、iPhone6 / 6Plusの需要が供給量をはるかに凌ぐと証言

Appleは、2014年度第4四半期(2014年7~9月期)の業績を発表しました。 AppleのCEO、Tim Cook氏は、iPhone6 / 6Plusの需給間のバランスに関してコメントしています …

no image

新型iPhone 来月から生産か

 6月24日(ブルームバーグ):米アップルのサプライヤーが中国で新型「iPhone(アイフォーン)」の量産を来月開始する。計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。 同関係者によると、既存の機種よりも画 …

新型4インチiPhone『iPhone SE』の発表イベントは、3月21日の週に開催か?

画像元:flickr – iPhone 5S 『Appleinsider』によると、Appleは、4インチiPhone『iPhone SE』やiPadなどの新製品発表イベントを、3月21日 …

iPhone6sケースの耐久テスト動画が公開される。強度はiPhone6の2倍以上!

Appleの次世代iPhone(iPhone6s)には、Apple Watch Sportに採用されている「7000シリーズアルミニウム」が採用されると噂されていますが、YouTube上では、『Unb …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich