iPhone ニュース

Apple、iPhoneによりスマートフォン市場の営業利益92%を占める結果に

投稿日:2015年7月14日 更新日:

Apple、iPhoneによりスマートフォン市場の営業利益92%を占める結果に

AppleのiPhoneは、スマートフォン市場全体でわずか20%のシェアですが、投資銀行『Canaccord Genuity』のリサーチによると第1四半期中におけるスマートフォン市場の総営業利益の92%を占めたことが判明しました。

これによりAppleは、前年同期の65%から大きく上昇したことになります。また、同期間中にSamsungの営業利益は市場の15%を占め、Appleに続きました。

AppleとSamsungの合計の営業利益率が100%を超えるのは、スマートフォン市場において他社メーカーが営業損失を出したことが原因です。

例えば、BlackBerryは利益0を保持しましたが、Lenovoは-1%となりました。

Microsoftは、スマートフォン事業の進出失敗により、昨年のNokia買収金額の約80%に相当する損失を出したことで、従業員7,800人を削減する結果となり、シェアの4%を失いました。

Samsungもまた、営業利益は4%減となりました。

『Canaccord Genuity』は、中国のXiaomi(小米科技)のような非公開会社を考慮に入れていませんが、そのような会社が含まれた場合でも、大きく数字は変化しないと主張しています。

iPhoneはAndroid端末に比べて利益率が高い

業績不振を報告するライバル会社に対して、Appleは一人勝ちという結果となりました。

世界的なスマートフォン市場でシェア数20%未満だと考えられているAppleのiPhoneですが、92%という高水準の利益シェアを記録した背景にはiPhoneの高い利益率が要因の一つとして挙げられます。

iPhoneの主要なライバル機種は、米googleが主導するAndroid OSに依存しています。

Android端末は、利益率が低いため、iPhoneに対抗するには価格面や機能面で競争する必要があります。

Appleは、7月21日午後5時(米国時間)に第3四半期の業績発表を行う予定です。

参照元:AppleInsider

-iPhone ニュース
-

関連記事

Apple、2016年第2四半期決算で、2003年以来最も低い前年比収益を報告

Appleは、2016年3月26日を末日とする2016年度の第2四半期(1月~3月)の業績を発表しました。 第2四半期の売上高505億ドル、純利益105億ドル、1株当たり利益(EPS)は1.90ドルと …

Apple、少なくとも5種類の異なるiPhone7を試作中か?

2016年にリリース予定の次世代iPhoneは、現行モデルのiPhone6sに比べてより多くの機能が追加されることが予想されます。 いわゆる「S」シリーズは、前年度iPhoneのアップグレードモデルと …

Appleサイトで『iPhone X』の各店舗ごとの在庫状況が確認できる!?

満を持して11月3日より発売となりました『iPhone X(アイフォーンテン)』をオンラインストアで予約し、配送での受け取りを希望される方においては、当初の予定から4~5週間に短縮になると発表があり、 …

iPhone 6 Plusの所有者が報告!ポケットに入れると曲がる!?

iPhone史上最も大きなサイズである5.5インチのiPhone6 Plusが発表された当初から、そのデバイスの大きさにより、ポケットの中に入れるには大きすぎるのではないかと心配されていました。 『B …

iPhone6s/6s Plusの原価が判明。3D Touch搭載でiPhone6よりもコスト上昇

画像元:ifixit 調査会社『IHS Technology』が米メディア「Re/code」に公開した試算によれば、iPhone6sの原価は211.50ドル(約25,360円)、iPhone6s Pl …

iPhone Xの機能&スペックまとめ
iPhone 8 / 8 plusの機能&スペックまとめ
iPhone 7 / 7 plusの機能&スペックまとめ
iPhoneSEの機能&スペックまとめ
iPhone6sの機能&スペックまとめ
格安SIM比較
ソフトバンク プリペイドカード(プリペイド携帯)購入
iPhoneケース通販ならUrich